キャラ

【呪術廻戦】加茂憲倫(かものりとし)の正体は偽夏油!?|最新考察

加茂憲倫

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん/呪術回線)における、加茂憲倫(かものりとし)の考察記事です。史上最悪の呪術師と言われる加茂憲倫の正体(偽夏油)や虎杖との関係について詳しく考察しているので、呪術廻戦加茂憲倫について気になる方はぜひご覧ください。

加茂憲倫とは?

加茂の画像
正式名称 加茂憲倫
生存時代 明治の初め

史上最悪の術師・御三家の汚点

呪胎九相図を生み出した張本人

加茂憲倫は明治の初めに生きていた「史上最悪」「御三家の汚点」と言われている術師です。

山奥の寺でひっそりと暮らしていましたが、科学者のような知的好奇心を持ち、とある娘を実験体のように扱います。

その娘とは呪霊の子を孕む特異体質を持つ娘でした。彼女は見に覚えのない懐妊に始まり親類縁者からの風当たりは常軌を逸し、加茂の寺へ駆け込むのでした。

加茂の知的好奇心は呪霊と人間の間に生まれる子の虜となり、九度の懐妊・堕胎を繰り返しそれらが「呪胎九相図」として残されるのでした。



加茂憲倫の正体は偽夏油!?

134話にて脹相が叫び加茂であることが確定!

偽夏油の中身は加茂憲倫であることが134話にて確定しました。

134話で脹相が偽夏油に対して「加茂憲倫!」と叫んでいるためです。

脹相には自分が生まれた瞬間の記憶が残っているらしく、加茂憲倫の額にあった傷と偽夏油の額の傷が一致していた様子。

そして更に驚くべきことに、加茂憲倫という名前すら数ある名の中の一つにすぎないとも言っています。つまり加茂憲倫ですらこの偽夏油という存在の最初の肉体ではなかったのです!

虎杖は加茂憲倫に造られた?

虎杖を宿儺の器として作った可能性大

偽夏油は、強力な技で攻撃しても生きている虎杖に対して、こう発言しています。

偽夏油「我ながら流石というべきか、宿儺の器はタフだね」

この発言から虎杖は、「偽夏油が虎杖を意図的に宿儺の器にした(作った)」と考えられます。

偽夏油の前に、誰かの脳に乗り移っていた加茂憲倫は、宿儺の指と宿儺の子孫を使って、虎杖悠仁を生んだのではないでしょうか。



次に読みたい記事