ネタバレ

【呪術廻戦】123話のネタバレと考察|釘崎、ついに大活躍!

呪術廻戦の123話のネタバレ

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん/呪術回線)における、123話のネタバレと考察です。123話の内容だけでなく、考察や次回予想をしています。毎週ジャンプ本誌の発売日に更新しているので、呪術廻戦の最新話が知りたい方はぜひご覧ください。



呪術廻戦123話のネタバレ

一枚上手の真人に苦戦する虎杖

呪術廻戦123話出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦123話」

122話では真人が分裂し、駅内では虎杖vs真人、駅外では釘崎vs真人の戦いが始まりましたね!

123話ではまず虎杖vs真人の続きからとなります。

駅内に残った一般人を躊躇なく3人串刺しにし思い切り虎杖に投げつける真人。

虎杖は一般人もろとも吹き飛ばされますが、それでもなお「大丈夫か!?」と一般人を心配します。

しかしこの一般人もすでに真人により改造されており、「うん!!」と言いながら虎杖の顔面に大量の血を吐き出しました。

血で眼を潰されてしまう虎杖の背後から、手を金棒のように変形した真人が…!

ここで場面は釘崎vs真人に移ります。



釘崎、真人に一矢報いるか!?

呪術廻戦123話出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦123話」

釘崎vs真人。

真人の改造の能力を知っている釘崎は真人の腕に触れないように警戒しながら立ち回ります。

しかし、対峙する真人は本体ではなく分身、分身の真人は改造人間をイジったり他者の魂に干渉はできない仕組みになっているようです。

ただ、それを知らずに神経をすり減らしながら戦う釘崎。

釘崎が真人に触れられないことを利用して、真人は自分の体を自由にイジり、手を伸ばしたり手をトゲトゲのボール状にしたりして攻撃します。

釘崎が放つ釘も真人には全く効いていません。釘崎が一方的にダメージを負う展開に。

真人「効かないだって知ってんでしょ?」
釘崎「分かっててもやんなきゃなんねぇ時があんだよ」

アホくさとトボけた顔をする真人に、釘崎は変わらず釘を放ち続けます。

そして釘崎は店の看板→ダクトの上に登り真人の頭上をとると、「やるよ」と釘を落とします。

釘崎「簪(かんざし)!!」

そして釘崎は飛び降りると「もういっちょ」と再び簪を発動。真人の足元に散らばる釘が真人の足を貫通し、真人は体制を崩します。

そして上から真人の上に飛び降りた釘崎は真人の額に釘を定めながらこう話します。

釘崎「アンタの術式聞いた時からコレは効くんじゃないかって」

「共鳴り!!」

釘崎は、分身した真人の額に呪力が籠った釘が撃ち込みます。

この影響で、虎杖と戦っている真人にもダメージが入りました。釘崎にとっては、肉体と魂を同時に攻撃することができると踏んで放った「共鳴り」ですが、都合良く本体にもダメージを与える事に成功。

真人は虎杖以外にも、天敵がいることを察し、少しだけ焦った顔をみせます。

釘崎は、共鳴りの呪力が離れた所で発生したことを感じ、目の前にいるのが分身であり、術式も使えないことを言い当てます。

真人は嬉しそうな顔で、正解と答え123話が終了です。



123話の考察と次回予想

釘崎が分身撃破、虎杖が形勢逆転か!?

一般人を巻き込みながら戦う真人にかなり苦戦している虎杖。

ただ、今回釘崎が共鳴りで分身に大ダメージを与えられることが判明し、かなり形成が逆転しましたね!

このまま進めば、釘崎が共鳴りで黒閃を発動し分身を撃破、そのダメージが真人本体にもいき虎杖の勝利という流れになるでしょう。

ただ、今回の最後真人が笑みを浮かべていたのが気になります。何か秘策があるのでしょうか?



呪術廻戦の関連記事

前後のネタバレ

前の話 次の話
呪術廻戦の122話のネタバレ122話のネタバレ 124話のネタバレ124話のネタバレ

その他関連記事

呪術廻戦のネタバレと感想一覧▶︎ネタバレ一覧 呪術廻戦のアニメはいつ放送?▶︎アニメ情報まとめ
声優情報まとめ▶︎声優を予想! 呪術廻戦主題歌(OP・ED)▶︎主題歌は誰?