ネタバレ

【呪術廻戦】122話のネタバレと考察|虎杖vs真人、対戦激化!

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん/呪術回線)における、122話のネタバレと考察です。122話の内容だけでなく、考察や次回予想をしています。毎週ジャンプ本誌の発売日に更新しているので、呪術廻戦の最新話が知りたい方はぜひご覧ください。



呪術廻戦122話のネタバレ

虎杖vs真人の戦い激化!

122話のネタバレ出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦122話」

前回121話では虎杖vs真人の戦いが始まり、一進一退の攻防が繰り広げられましたね!精神的に余裕がある真人がやや優勢といったところでしょうか。

122話はその続きとなります。

渋谷駅、道玄坂改札内で戦いを繰り広げる二人。

真人は人間を変形させて銃弾のように打ち出し、さらに時間差で巨大な爪のように変形させて虎杖を攻撃します。

さらに真人は腕を巨大化させて虎杖にパンチを繰り出しますが、虎杖はギリギリでかわし、腕を地面に叩きつけます。

真人は間一髪、腕を切り離し叩きつけられるのを避け虎杖と距離をとり、自らの身体を使って戦うとリスクが大きくなると判断し改造人間主体の攻撃に切り替えます。

真人は突然虎杖の前から姿を消しました。

虎杖が後を追うと二人の青年が。青年の後ろには上に続く階段があるので虎杖は真人は階段で上の階に行ったと考えます。

虎杖が青年二人の横を通過する瞬間、青年1人の口から巨大な腕が生えてきて虎杖の顔面をぶん殴ります。

真人は青年の皮を被り中に潜んでいたのでした。服を脱ぐように青年の皮を脱ぎ、

真人「ちょっとさぁ、想像力足りてないんじゃない?」
虎杖「やめろ!!」

やはり一般人を殺すことを見せるほうが虎杖のメンタルに効く、真人はかなり虎杖の弱み理解しています。

そして、真人は頭の中で呟きます。「俺達はもう一枚ダメ押しのカードを手に入れる」

ここで場面は少し過去に戻ります。

真人が分裂!二人に!?

呪術廻戦122話出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦122話」

場面は少し過去に戻って、渋谷駅ホームで呪霊たちが集まっている場面。

陀艮の術式で駅構内が水でいっぱいになっており、一般人が溺れて身動きが取れない状態です。

陀艮が人間ごと水を全て取り込むと、真人は「じゃ虎杖殺しまshow再開ね」と動き出します。

漏瑚は止めますが、真人は分裂し2人になり走り出してしまいました。さらに改造人間で大きな壁を作り漏瑚たちが追えない状態に。漏瑚はぐつぐつと怒っています。

もう一人の真人、vs釘崎スタート!

呪術廻戦122話出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦122話」

そして現在に戻りますが、場面は先程分裂したもう一人の真人へ。

地上に出ていた真人は、釘崎と遭遇しました。

真人のツギハギ顔を見た釘崎は、過去に虎杖にちょっかいを出した当人だと気づき、挑発します。

釘崎は、今日活躍できていないことに対してフラストレーションが溜まっている様子です。

真人の手に触れてはいけないこと、自身が過去に掴んだ呪力の核心を頭の中で考えて、戦闘開始。

釘崎は、釘を呪力を使って真人に対して飛ばしますが、後ろの板に当たります。

ノーコンだと思われた攻撃ですが、釘が当たった板が真人の前に落下。板に対して蹴りを入れて、そのまま釘を打ち込み「簪」で貫通させ、真人の顔にダメージを与えます。

血を流す真人は、釘崎が強いことを感じつつ、釘崎を死体にして虎杖の前に持っていけば、虎杖の魂を折れると確信。

ここで122話は終了です。



122話の考察と次回予想

次回、釘崎覚醒か!?

今回、久しぶりの釘崎登場でしたが、渋谷編で釘崎はあまり活躍する場面がありませんでした。

さらに今回「思い出せ、呪力の核心を。」

という表現がありましたね。さすがに虎杖たち同期の紅一点、呪術廻戦のヒロインをここで死なせることはしないでしょう。

次回、覚醒した釘崎が見れそうです!

真人のダメージは2人共通と予想

2人に分裂した真人ですが、この手の能力は受けたダメージを共有することが弱点となることが多いです。

真人に苦戦する虎杖ですが、釘崎がもう一人の真人を撃破することで本体に大ダメージが入りかなり弱まるのではないでしょうか?

そして苦戦していた虎杖もついに真人を撃破!

虎杖は副都心線ホーム、五条の元へ降りていき夏油と対峙という展開になるのではないでしょうか!?



呪術廻戦の関連記事

前後のネタバレ

前の話 次の話
呪術121話のネタバレ121話のネタバレ 呪術廻戦の123話のネタバレ123話のネタバレ

その他関連記事

呪術廻戦のネタバレと感想一覧▶︎ネタバレ一覧 呪術廻戦のアニメはいつ放送?▶︎アニメ情報まとめ
声優情報まとめ▶︎声優を予想! 呪術廻戦主題歌(OP・ED)▶︎主題歌は誰?