ネタバレ

【呪術廻戦】114話のネタバレと考察

114話のネタバレ
【本誌最新話】
▶︎最新話146話のネタバレ(4/19更新)
【アニメの注目記事】
▶︎アニメ24話のネタバレ(3/26更新)
【HOTな考察記事】
▶︎死滅回遊とは?ルールを解説!

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん/呪術回線)における、114話のネタバレと考察です。114話の内容だけでなく、考察や次回予想をしています。毎週ジャンプ本誌の発売日に更新しているので、呪術廻戦の最新話が知りたい方はぜひご覧ください。



呪術廻戦114話のネタバレ

伏黒、ポニテ呪詛師に刺される…

呪術廻戦114話出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦114話」

前回113話では伏黒vsパパ黒の戦いで、なんとラストはパパ黒が自我を取り戻し、自害したところで終わっていましたね。

伏黒は今まで戦っていたパパ黒が自分の実の父だとは思っていない様子。

受けた傷も深く、今は治療班の家入の元へ戻りつつ真希たちの状況を確認しに行こうとしますが、、、

次の瞬間、「スバッ」

後ろから七海にボコボコにされたはずのポニテ呪詛師に刺されてしまいました!

ポニテ呪詛師は喜々とした表情で「これこれ、こーいうのよ!!こーいうのが向いてんのよ!!」と言っています。

ここで場面はパンダ・日下部へと移ります。



パンダ日下部の前に現れた呪詛師は?

呪術廻戦114話出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦114話」

死にたくない日下部は…

渋谷ストリーム前にいたパンダと日下部は特に戦闘もせずに会話しています。

パンダはもう一般人の避難は終わったのだから封印されている五條悟がいる副都心線B5Fに向かおうと話しますが、

日下部はまだ一般人がいるかもしれないと動こうとしません。

というのも日下部は、自分が死にたくないため五条救出よりもダラダラと時間を潰していたいのです。

日下部はパンダに「今まさにこの瞬間渋谷の片隅で震えている命があるかも分からん、具体的には小学校低学年女児で想像してくれ。それを見落としてでもみろ!!儚い未来を摘み取るのに俺たちが加担したと言っても過言ではないっちゅー話よ!!」

と言い訳を並べますが、パンダは「そ…そうかも!!」と素直に聞き入れています。

すると二人の前に…

突然現れた2人の呪詛師

パンダと日下部が話していると、突然頭上の連絡通路の上に2人の呪詛師が現れました。

片目を布で覆っている男とキレイな女の呪詛師です。

さらにパンダはボソッと「後ろに3人、多分もっと隠れてる」と日下部につぶやきます。

男の呪詛師は「投降しろ」と言い出しますが、時間を潰したい日下部は話を聞かせてくれと要求します。

すると女の呪詛師は「私達は夏油様の意思を継ぐ者。高専関係者ならそれ以上語る必要はないでしょう。」

とすっぱり言い放ち、ここで過去に場面が変わります。



過去に偽夏油につくかどうかで揉めた

呪術廻戦114話出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦114話」

日下部とパンダの前に現れた呪詛師二人の回想シーンに切り替わります。

元夏油の部下だった呪詛師が集まり(呪詛師二人と三美子、奈々子、新キャラのラルゥ)が、話し合いをしている回想シーンです。

日下部とパンダの前に現れた呪詛師二人は、夏油が望んでいた非術師のいない世界を作るため、偽夏油にそのまま協力することに決めたと話します。

その発言に対して奈々子は、夏油がゾンビのように弄ばれていることが許せないと反論。

奈々子の反論に対して、術師二人の片割れである女性が、大人になれと言い放つと、奈々子がキレて術を発動させようとします。

「えぇいっっ!!!」

味方同士の争いを止めるべく、一番強そうなラルゥが一声を放ち、場を沈めます。

ラルゥ「傑ちゃんが一番望んでいないのは私たちが傷つけ合うことよ」

ラルゥは、双方の考えはどちらも間違っていないので、各々別れてやりたいようにやることを提案します。

ラルゥ自身は、ミゲル(0巻の黒人)と同じく、夏油を王にしたかっただけなので、どちらにも付かないで行動するとのこと。

最後に、私たちは家族、いつかまた一緒にご飯を食べようと発言し、回想シーンは終了します。



宿儺vs漏瑚が乱入!?

呪術廻戦114話出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦114話」

回想シーンが終わり、呪詛師とパンダ日下部が対面した場面に戻ってきます。

投降するの?しないの?と聞いてくる呪詛師に対し、日下部は

「このレベルのが仕切ってる集団だろ?旨すぎる、時間いっぱい適当にいなして特急呪霊の相手はせずにのらりくらりといこう」

相手の実力が分かっているかのように見えます

そして日下部は「シン・陰流 居合『夕月』」

と刀を構え、それに対し男の呪詛師は右手をスッと上げ、降ろした瞬間、

「カッ」

後ろの建物から大きな閃光が。

そして「ドオンッ」と大きな爆発音、「ゲラゲラゲラゲラ」と気味の悪い笑い声が。

爆発した建物から宙に飛び出してきたのは宿儺とボコボコにやられている漏瑚でした!

宿儺は「そんなものか!?」と笑っています。

ここで114話は終了しています。

114話の考察と次回予想

漏瑚vs宿儺の戦闘シーンが描かれる?

漏瑚と宿儺の戦いが行われている場面で114話が終了したため、115話には戦闘シーンが描かれるでしょう。

漏瑚が一撃でも、宿儺にダメージを与えると渋谷にいる人間を皆殺しする約束になっているため、どういう展開になるか非常に見ものです。

宿儺はポニテを殺しに行く?

宿儺は、唯一殺すつもりのない伏黒が殺されそうになっている状況を察知し、ポニテ術師を殺りに行く可能性があります。

宿儺の状態になっている虎杖を見て、伏黒が何かしらのアクションを起こそうとするのではないでしょうか。



114話の関連記事

前後のネタバレ

前の話 次の話
113話のネタバレ113話のネタバレ 115話のネタバレ115話のネタバレ

その他関連記事

呪術廻戦のネタバレと感想一覧▶︎ネタバレ一覧 呪術廻戦のアニメはいつ放送?▶︎アニメ情報まとめ
声優情報まとめ▶︎声優を予想! 呪術廻戦主題歌(OP・ED)▶︎主題歌は誰?