ネタバレ

【呪術廻戦】207話のネタバレと考察・感想

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん/呪術回線)における207話のネタバレと考察・次回予想まで掲載しています。

呪術廻戦207話前までのネタバレあらすじ

九十九・天元vs羂索

前回206話は羂索の領域展開回でしたね。

天元・九十九は羂索の領域展開を打ち消す策を練りながらも、羂索は結界を閉じず術式を発動させるという上を行く戦法を取ってきました。

羂索の術式をくらいボロボロになりながらも戦う九十九、そして回復したお兄ちゃんが参戦するのでした。

【呪術廻戦】206話のネタバレと考察・感想呪術廻戦(じゅじゅつかいせん/呪術回線)における、206話がいつ更新かやネタバレと考察を掲載しています。206話の内容だけでなく、考察や次回予想をしています。毎週ジャンプ本誌の発売日に更新しているので、呪術廻戦の最新話が知りたい方はぜひご覧ください。...

呪術廻戦207話のネタバレ考察

呪術廻戦207話:九十九・脹相vs羂索

羂索戦前の作戦会議で、脹相は羂索さえ殺せればそれでいいと話します。

自ら先陣を切ろうとする脹相に九十九は、羂索の領域を天元が解体してから出るべきだと言いますが、それでも脹相は始めは自分一人で出るべきだと主張します。

脹相は、羂索が脹相という伏兵を想定していたら領域は展開しないのではと考えているためです。

脹相が一度羂索に敗れることで「九十九とタイマンである」という意識を羂索に植え付けることができると話します。

そして、ついにその時が。

倒れていた脹相ですが、羂索の背後を取ります。

脹相「見てるか、弟たちよ…!親殺し、いきまぁす!」

脹相は羂索の額に穿血を放ちますが、羂索は頭蓋を回転させて受け流します。

しかし、そのすきに九十九の蹴りが炸裂。ただ九十九もダメージを負っているため100%の力を出せません。

ここぞとばかりに畳み掛ける九十九と脹相、脹相が羂索を抑えている間に九十九は腕を回復します。

その回復のすきを見逃さなかった羂索は一瞬で距離を取り、二人の猛攻を避けると、、、

ズンッ

羂索の術式が回復してしまい、脹相とガルダが地面に押さえつけられてしまいました。

九十九は、術式が回復しきってしまった羂索に対して、呪具を使って対抗。

そこで分かったのは、重力の術式は、範囲が2~3mで持続時間が6秒ということです。

持続が切れた時は、呪霊操術を使っていることが分かったため、九十九はその時間で近寄りフィジカルで戦います。

九十九は、羂索にダメージを少し入れることに成功しましたが、手を掴まれ拘束されてしまいました。

羂索は、固定した九十九に小さな「うずまき」を2発撃ち、腹を貫通させ207話は終了です。


次に読みたい記事

前後のネタバレ

前の話 次の話
▶︎206話のネタバレ ▶︎208話のネタバレ

よく読まれている記事一覧

呪術廻戦のネタバレと感想一覧▶︎ネタバレ一覧 呪術廻戦アニメ2期はいつ放送?▶︎アニメの2期はいつから?