ネタバレ

【呪術廻戦】205話のネタバレと考察・感想

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん/呪術回線)における205話のネタバレと考察・次回予想まで掲載しています。

呪術廻戦205話前までのネタバレあらすじ

脹相vs羂索

前回204話は脹相vs羂索の戦いでしたね。

ついに羂索の呪霊操術以外の力を引き出した脹相。

そしてついに205話で九十九の戦いが見れそうです!

【呪術廻戦】204話のネタバレと考察・感想呪術廻戦(じゅじゅつかいせん/呪術回線)における、204話がいつ更新かやネタバレと考察を掲載しています。204話の内容だけでなく、考察や次回予想をしています。毎週ジャンプ本誌の発売日に更新しているので、呪術廻戦の最新話が知りたい方はぜひご覧ください。...

呪術廻戦205話のネタバレ考察

呪術廻戦205話:九十九vs羂索

九十九「ナイスファイト!後は任せて」

脹相はその場に倒れ、結界の外へ。ついに九十九vs羂索の戦いです。

叩き直してやると、九十九は羂索を睨み腕に力をこめます。

羂索は九十九の術式情報を得ようと上層部を手中に収めていましたが、そこからでも九十九の情報は出てきませんでした。

術式が分からない以上、接近できないと考える羂索はアジアの神の呪いの特級呪霊を召喚。

九十九はそれに対し、「凰輪(ガルダ)」と言うと、いつも九十九のそばにいる呪霊のようなものを丸め、サッカーボールのように羂索に蹴り込みました。

その威力は凄まじく、羂索の召喚した呪霊を一撃で粉砕するのでした。そして、すぐさま接近戦に入ると、

九十九「私の術式が分からなくて近づけないか?なら教えてあげよう、質量だ。」

九十九の拳が羂索の顔面にクリティカルヒットし、羂索は思い切り吹き飛びます。


呪術廻戦205話:九十九は質量を付与する術式を扱う

羂索に対して、九十九の術式は質量であることを開示しました。

九十九の術式「質量」は、術式対象の概念に収まらないほどの圧倒的な能力とのことです。更に九十九は、その術式から呪具化した式神「ガルダ」も保有しています。

この「ガルダ」は、九十九以外で唯一質量の対象外になります。対して、羂索の持つ術式は「重力」であることに九十九は勘づきます。

羂索→呪霊操術、肉体を渡る術式、更には重力。これから考えるともう一つは術式を持っていることを警戒しなければならない。

九十九→術式「質量」+高専資格条件から、「切り札となる拡張術式」を持つ。双方、相手に対して面倒であると思い浮かびます。

ここで、羂索は戦いを加速させようとします。

互いの術式が分からない状態で、領域展開してこないことは、九十九が自信がないと。

羂索「領域展開、胎蔵遍野」

領域展開を見た、九十九は天元にこえをかける。これにて205話は終了です。


次に読みたい記事

前後のネタバレ

前の話 次の話
204話のネタバレ▶︎204話のネタバレ ▶︎206話のネタバレ

よく読まれている記事一覧

呪術廻戦のネタバレと感想一覧▶︎ネタバレ一覧 呪術廻戦アニメ2期はいつ放送?▶︎アニメの2期はいつから?