ネタバレ

【呪術廻戦】204話のネタバレと考察・感想

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん/呪術回線)における204話のネタバレと考察・次回予想まで掲載しています。

呪術廻戦204話前までのネタバレあらすじ

脹相vs羂索

前回203話は脹相vs羂索の戦いでしたね。

圧倒的な力の差を見せつける羂索でしたが、最後の力を振り絞る脹相。

204話では脹相の領域展開が見れるでしょうか!?

【呪術廻戦】203話のネタバレと考察・感想呪術廻戦(じゅじゅつかいせん/呪術回線)における、203話がいつ更新かやネタバレと考察を掲載しています。203話の内容だけでなく、考察や次回予想をしています。毎週ジャンプ本誌の発売日に更新しているので、呪術廻戦の最新話が知りたい方はぜひご覧ください。...

呪術廻戦204話のネタバレ考察

呪術廻戦204話:脹相vs羂索

意識の中で弟たちに背中を押してもらった脹相は、「任せろ!」と渾身の穿血を放ちます。

しかし、脹相たちを作った張本人である羂索は穿血の特性をよく知っているため軽くかわします。

脹相は壊相の技、翅王で羂索に接近、接近戦に持ち込みますが、それもひらりと避ける羂索。

羂索は自分に効かない攻撃を意味あったと笑いますが、脹相はまだ攻撃をやめません。

脹相「壊相のように、優雅にっ。血塗のように!自由に!」

脹相は血で繋げた自分の腕を切り離し、羂索の胸ぐらをつかんで叩きつけます。そしてそこに渾身のパンチを食らわせますが、羂索は呪霊で防いでいました。

脹相はさらに追尾する血を羂索に放ち、その血で攻撃すると見せかけ圧縮した血を羂索の周囲に送ります。

脹相「超新星!」

羂索にダメージを与えたかに思われましたが、ズンッと羂索の周囲の床が抜け、超新星は当たりませんでした。

羂索は何らかの力を使って超新星を落としたのです。

脹相「使ったな!呪霊操術以外の何かを!」

九十九「私は一人っ子だけどさぁ、最高だぜお兄ちゃん!」

当初の目標であった羂索の力を引き出すというのを達成し、いよいよ九十九が登場するというところで204話は終了です。


次に読みたい記事

前後のネタバレ

前の話 次の話
203話のネタバレ▶︎203話のネタバレ 205話のネタバレ▶︎205話のネタバレ

よく読まれている記事一覧

呪術廻戦のネタバレと感想一覧▶︎ネタバレ一覧 呪術廻戦アニメ2期はいつ放送?▶︎アニメの2期はいつから?