ネタバレ

【呪術廻戦】198話のネタバレと考察・感想

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん/呪術回線)における198話のネタバレと考察・次回予想まで掲載しています。

呪術廻戦198話前までのネタバレあらすじ

呪霊直哉、領域展開!

前回197話は、相撲で強化された真希と直哉の戦いでしたね。

呪霊型の直哉を圧倒する真希でしたが、最後に呪霊の中から人形の直哉が出現。

領域展開を発動し、198話はこの続きからとなります!


呪術廻戦198話のネタバレ

三代(河童)と大道が領域展開を食らう

直哉「領域展開 時胞月宮殿」

直哉の領域展開に入ってしまった三代と大道は、肩に直哉の術式「投射呪法」が突き刺さってしまいます。

攻撃を受けた二人は痛みを感じなかったため、異常がないと見て攻めに転じようとします。しかし、動いたとたん、体から血がにじみ出て身動きが取れなくなりました。

これは直哉の領域展開の能力。この領域展開は、「投射呪法」の術式対象が人間ではなく、一つ一つの細胞までもが対象となったため、動くと細胞がズレて体の中がズタズタになってしまうようです。

直哉は真希の居場所が分からない

動けなくなった二人を無視し、直哉は真希を探そうとしますが、自身の領域で居場所が突き止められないことに違和感を感じます。

違和感を感じている直哉の不意をつくように、大道が無理やり体を動かし、手をもいでまで自身の持つ刀を放り投げました。

放り投げた先は、直哉の背中。暗闇から突如、真希の両の手が映し出され、直哉の胸を刀で突きさします。

真希は呪力がないことから、結界術において、建造物などと同等扱い。そのため、真希の了承を得るか、本人の意思がない限り結界に入らず、閉じ込めることはできなかったようです。

直哉を突き刺した刀は、真依が作った「釈魂刀」のレプリカ。以前、伏黒パパが使っていたものと同等の効果をもちます。

その効果は、「あらゆるモノの硬度を無視し魂を切り裂く」というものです。

しかしその効果は、無生物の魂すら観測する目が必要でした。

河童との相撲で覚醒した真希は、その目を手に入れたことから、直哉を切り裂くことに成功。

呪力のない真希には、領域の必中効果は認識できず、直哉はあっけなく負けてしまいました。

伏黒パパと同じ鬼人が生まれ、198話は終了です。

 


次に読みたい記事

前後のネタバレ

前の話 次の話
197話のネタバレ▶︎197話のネタバレ 199話のネタバレ▶︎199話のネタバレ

よく読まれている記事一覧

呪術廻戦のネタバレと感想一覧▶︎ネタバレ一覧 呪術廻戦アニメ2期はいつ放送?▶︎アニメの2期はいつから?