ネタバレ

【呪術廻戦】196話のネタバレと考察・感想

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん/呪術回線)における196話のネタバレと考察・次回予想まで掲載しています。

呪術廻戦196話前までのネタバレあらすじ

真希・加茂vs直哉に大道・三代が乱入

前回195話は新キャラ、大道鋼と三代六十四が登場した回でしたね。

刀を探す大道と相撲を取りたい三代。

真希が大道に刀を渡すとあっという間に直哉の硬い体を斬ってしまいました。

そしてもうひとり、三代は簡易領域を発動。

次回、真希vs三代の相撲対決となるでしょうか。


呪術廻戦196話のネタバレ考察

呪術廻戦196話:真希と三代、相撲対決!

三代が領域を発動、取ろうぜ相撲と真希を挑発します。

真希がいいぜと答えると、三代の領域が完成し二人は土俵だけの空間に入りました。

真希は自分には何が見えていないかスッキリさせようと考えていますが、相撲1回目は三代に裏を取られ負けてしまいます。

ただ、三代に真希を殺す気はないようで、相撲をする中で真希を強くしてくれているようです。

三代「成程、あの侍の言っている意味が分からんと。俺は分かるぞ。立て、相撲を取るぞ。俺はそれ以外伝え方を知らん」

ここから真希は何回も投げられながらも、相手の全て・自分の全てを感じ取れる力、つまり「自由」であることを吸収していきます。

そしてついに三代を破り、領域が終了すると、

真希「絶好調」

晴れ晴れとした表情で立っているのでした。ここで196話は終了しています。


次に読みたい記事

前後のネタバレ

前の話 次の話
195話のネタバレ▶︎195話のネタバレ 197話のネタバレ▶︎197話のネタバレ

よく読まれている記事一覧

呪術廻戦のネタバレと感想一覧▶︎ネタバレ一覧 呪術廻戦アニメ2期はいつ放送?▶︎アニメの2期はいつから?