ネタバレ

【呪術廻戦】195話のネタバレと考察・感想

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん/呪術回線)における195話のネタバレと考察・次回予想まで掲載しています。

呪術廻戦195話前までのネタバレあらすじ

真希・加茂vs直哉

前回194話は真希・加茂vs直哉の戦いの続きでしたね。

大ダメージを負った真希を回復させるため、加茂は時間稼ぎをしますがやはり直哉に押されてしまいます。

渾身の穿血も直哉に防がれ命を燃やすように戦う加茂。

ここまでかと思われたその時、

加茂と直哉の前に現れたのは謎の河童ような男と浴衣のおじさんのような新キャラが現れたところから、195話となります!


呪術廻戦195話のネタバレ考察

呪術廻戦195話:鹿児島 桜島コロニー

大道鋼「刀ァーッ!!」

11月2日、鹿児島桜島コロニーでは一人の男、大道鋼が刀を探し回っていました。

同日、宮崎では、三代六十四(みよろくじゅうし)が、

三代「さぁ!相撲しようぜ!!」

と誰かれ構わず勝負を挑み断られ続けているところでした。

そこにかすかに「のこった、のこった」の声が聞こえます。ガラスを破り家の中に入るとTVで相撲を見ていた老人がいました。

三代は老人にどこにいるんだと聞くと東京の両国だよと答えます。

東の都ということから東に向かおうとしますが東=右と覚えていた三代はその時向いていたほうの右、鹿児島へ向かってしまうのでした。

呪術廻戦195話:鹿児島 桜島コロニー

そして現在に戻り、

真希・加茂vs直哉の戦いの前に現れた大道と三代。

加茂が2人に気を取られた瞬間、直哉からの攻撃を受けそうになりますが、間一髪少し体を休めた真希が防ぎます。

真希があまり回復できていないことから、加茂はやはり真希を逃がすべきだと考えますが、その時、

大道「刀ァーッ!!!」

手詰まりを確信した真希、加茂は瞬時に真希が持っていた刀を投げ渡す判断をしました。

大道は、名もなき剣豪で天下無双の受肉体。その大銅が真希から刀を受け取る。

周りの人間は、彼が刀を持ったことによる殺傷能力圧に気圧されました。

ここで、大道が刀を一振り。直哉の顔に少しだけ傷をつけます。

大道は、真希から受け取った刀に満足しつつも、その刀が妖刀であることに気づきました。また、刀が大道に従わないことに対して従わないことで喝を入れます。

大道が刀に喝を入れている最中に、直哉の攻撃が降りかかりますが、攻撃の圧を感じ取り素早く避けます。

大道「娘!!やはりそこに何かおるのだな?」

真希に対して、質問する大道。彼は、呪力を持っていないことから、直哉の姿が見えていないことが発覚します。

見えてないのに、攻撃したり避けれたりするのは大道曰く、それ以外が見えているのであれば、最早それは見えているも同義とのこと。

真希は、大道の発言と攻撃をみて、自身に足りない物が何か、パパ黒にあって自分にない物があることに気づきます。

三代「はっけよい」

真希が考えている後ろで、相撲を取る場所を簡易領域で生成する三代。真希と相撲を取る姿勢を見せ、195話は終了します。


次に読みたい記事

前後のネタバレ

前の話 次の話
194話のネタバレ▶︎194話のネタバレ 196話のネタバレ▶︎196話のネタバレ

よく読まれている記事一覧

呪術廻戦のネタバレと感想一覧▶︎ネタバレ一覧 呪術廻戦アニメ2期はいつ放送?▶︎アニメの2期はいつから?