ネタバレ

【呪術廻戦】194話のネタバレと考察・感想

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん/呪術回線)における194話のネタバレと考察・次回予想まで掲載しています。

呪術廻戦194話前までのネタバレあらすじ

真希・加茂vs直哉

前回193話は真希・加茂vs直哉の戦いでしたね。

完全体になった直哉は術式も使い、超高速で攻撃してきます。

そしてついにそのスピードはマッハ3に到達。

超高速、マッハ3の直哉が真希に向かって突っ込んできます。

真希に直撃、立っていたのは、、、直哉でした。

194話は真希・加茂vs直哉の続きとなります。


呪術廻戦194話のネタバレ考察

真希・加茂vs直哉

直哉「なんか懐かしいわ、子供ができひんこと大人は当たり前のようにできるやん?」

超スピードで突進し真希を抑えた呪霊直哉は真希を挑発するように話します。

そこに横から加茂が血の矢で加勢し、直哉を真希から剥がします。

加茂はさらに直哉に近づくと血で大きな鎌を作り直哉に斬りかかります。

先程はダメージを与えられなかった加茂ですが、今回はブシッっと直哉の顔を斬ることができました。

この変化に驚く直哉、加茂は自分の外に出した血も循環させて体に戻しながら戦っているのです。

加茂はここで自分が囮になり真希を逃がすことを提案、しかしそれでは加茂が死ぬと却下されます。

真希は傷を癒やす時間が必要、5分くれと言いました。それでも勝算は2割ほどなようです。

真希「5分で死ぬんじゃねぇぞ」
加茂「約束はできない、そいうより、私の生死はもうさしたる問題ではない」

再び突っ込んでくる直哉をいなし、真希は身を隠します。

直哉「真希ちゃんおらんやん」

呪力を持っていない真希は、姿が見えなくなると探すのが難しいのはパパ黒と同じのようです。

加茂はこの間に、直哉のスピードは今までみたことのない類だが、硬さは特級呪霊の花御よりはマシであると分析します。

また、これまでに受けた攻撃の中で、呪霊にとって有毒な赤血操術者の血に反応していることにも気づきました。

分析が終了したタイミングで、直哉の攻撃が加茂に降り掛かります。

直哉の攻撃をもろに食らった加茂は、大きく吹き飛ばされますが、その最中に血を直哉の吸入口にぶちまけダメージを与えました。

更に、血でよれている直哉に対して、加茂は更に穿血をお見舞い。

血を使いすぎた加茂は、子供の頃に父親と母親に手を引かれていた頃の光景が走馬灯のように描かれます。

直哉「がんばり賞ってとこやね」

直哉の攻撃が1発2発3発とクリティカルヒット。

立つのが精一杯な状況で勝負あったかと思われましたが、謎の新キャラ二体が助っ人に現れ、今週は終了します。


次に読みたい記事

前後のネタバレ

前の話 次の話
193話のネタバレ▶︎193話のネタバレ 195話のネタバレ▶︎195話のネタバレ

よく読まれている記事一覧

呪術廻戦のネタバレと感想一覧▶︎ネタバレ一覧 呪術廻戦アニメ2期はいつ放送?▶︎アニメの2期はいつから?