ネタバレ

【呪術廻戦】191話のネタバレと考察・感想

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん/呪術回線)における191話のネタバレと考察・次回予想まで掲載しています。

呪術廻戦191話前までのネタバレあらすじ

鹿紫雲、仲間に

前回190話は秤vs鹿紫雲の戦いが終わり、真希と加茂の現在が描かれた回でしたね。

大爆発後、真希と加茂の勝利に思われましたが、秤は左腕を失いながらも爆発をしのぎ鹿紫雲をKOするのでした。

そして、なんと宿儺と戦わせるという取引で鹿紫雲が仲間に。

そして今まで明らかにされていなかった真希と加茂ですが、桜島で呪霊狩りをしていたようでした。

その二人に上空から未知の呪霊が降下中…!?


呪術廻戦191話のネタバレ考察

呪術廻戦191話:加茂、実家へ

時はさかのぼり、渋谷事変直後11月3日、加茂憲紀は加茂家の屋敷に戻ってきました。

加茂は四乃を見つけると、当主として楽巌寺学長や五条家、禪院家と連絡が取りたいと話します。

しかし四乃は「童、どこから入った」と加茂が誰だか分かっていない様子です。

四乃は当主は加茂”憲倫”だ、貴様とは似ても似つかないと訳のわからないことを言っています。

加茂はこの憲倫という言葉で何かに気づき、近くの部屋の扉を開けると、

羂索「四乃は今150年程前を彷徨っているんだ。気にしないでやってくれ。遅かったね。」

加茂は楽巌寺学長に嘆願し、五条悟の呪術界永久追放を取り下げようとしていましたが、総監部はすでに羂索の手の中でした。

羂索「そういうわけで、保守派の母体、加茂家はもう私のものだ。25代目当主もね。此処に君の居場所はない、二度と会うこともないだろう。」

加茂は羂索からの攻撃を警戒しますが、羂索は攻撃する気はなく、君が生きていても何にもならないからねと言うとその場を去りました。


呪術廻戦191話:降ってきた呪霊に違和感を持つ二人

時は戻り、11月14日、桜島コロニー。加茂と真希が察知した呪霊は、何かを探して空中で静止しています。

その呪霊を直接見た二人は、呪霊ではない妙な違和感を感じているようです。

浮遊していた呪霊が、加茂と真希を視認し、早すぎる速度で接近。

接近してきた呪霊は、真希に対して突進をし、いくつもの壁を突き破ります。その光景は一瞬で、加茂は「まるで見えなかった」とのこと。

壁にたたきつけられた真希は、呪霊にパンチをお見舞いしようとしますが、パンチは避けられ再度攻撃を受けてしまいます。

呪霊「こんにちわ、真希ちゃん」

芋虫のような形をしていた呪霊は、何と禅院直哉でした。

禅院直哉は、呪力で殺されなかったことにより、死後呪いに転じて呪霊になったようです。

これにて191話は終了し、次回の192話は、7月25日は休載。8月1日に連載再開されます。


次に読みたい記事

前後のネタバレ

前の話 次の話
呪術廻戦の190話のネタバレ▶︎190話のネタバレ 192話のネタバレ▶︎192話のネタバレ

よく読まれている記事一覧

呪術廻戦のネタバレと感想一覧▶︎ネタバレ一覧 呪術廻戦アニメ2期はいつ放送?▶︎アニメの2期はいつから?