ネタバレ

【呪術廻戦】190話のネタバレと考察・感想|最新話

呪術廻戦の190話のネタバレ

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん/呪術回線)における190話のネタバレと考察・次回予想まで掲載しています。

呪術廻戦190話前までのネタバレあらすじ

秤vs鹿紫雲、クライマックス!

前回189話は、秤vs鹿紫雲の戦いの最終盤を迎える展開でしたね。

脇腹に大穴が空いた秤ですが、ここでさらに領域展開を発動し、確変が起きていないにもかかわらず大当たりを引くという豪運を見せつけます。

そして領域展開を解除した場所は、、、海の上でした。

鹿紫雲の電気という呪力の性質上、水中に入ると呪力を放出し続けてしまいます。

海中にいた大型呪霊を使って上手く海に落とされないように立ち回る鹿紫雲でしたが、秤の蹴りを食らい海中へ。

秤の勝利かに思われましたが、鹿紫雲の海水分解で発生させた毒によって秤は意識を失い海の中へ。

ただこの毒も秤の反転術式でかき消され、海中で最後の肉弾戦へ。水中の中で攻めるパンチを繰り出す秤。それに対抗して鹿紫雲が電気の大爆発を起こし、189話は終了です。

190話はこの続きからになります。


呪術廻戦190話のネタバレ考察

呪術廻戦190話:秤vs鹿紫雲

海中で大爆発が起きたあと、その現場を見つめていたのは小さくなって再生したパンダでした。

秤の左手だけが陸に打ち上げられていました。

水面に上がってきたのは鹿紫雲。呪力が空になりながらも、勝ちを確信したかのような笑みを浮かべますが、、、

次の瞬間、勢いよく水面から飛び出してきた秤に顔を思い切りぶん殴られました。

鹿紫雲の一気に解き放った呪力によって引き起こされた水蒸気爆発でしたが、秤は領域展開に必要な左腕を捨て、左腕を守っていた呪力を他に回すことで凌いだのでした。

さっさと殺れと言う鹿紫雲に対し、100点消えちまうだろと答える秤。

秤「第一、俺はオマエに勝ったと思ってねぇよ。鹿紫雲、オマエ術式使ってねぇだろ」
鹿紫雲「!!…、なんで分かった。」

鹿紫雲の術式は一発それっきりで宿儺にしか使う気がなかったためと答える鹿紫雲に、秤は取引を持ちかけます。

そこに登場したのはミニパンダ。

秤「丁度いいや、コイツ仲間になったから」
パンダ「はぁ!?」

秤は鹿紫雲を宿儺と戦わせるという取引をして仲間にしたのでした。

そして、秤は寄るところがあると言い、以前戦ったシャルルの元へ。

シャルル「何故戻った。というか腕はどうした。」
秤「心配すんな、後で治す。」

秤は聞き忘れていたことがある、テメェの漫画を教えろと言います。

シャルルは自分はデビュー前の新人だから単行本は出版されていないと答えると、新人が一丁前に悩んでんじゃねぇよとワチャワチャした状況に。


呪術廻戦190話:100ポイントの使い道について

秤とシャルルの会話を遮って、西宮が箒を使って飛んできました。

秤が100点を取ったことを、西宮にいうと、ルール追加を何にするか連絡を受けます。

①得点の譲渡(虎杖が達成済)
②100点を消費し身代わりを立てて死滅回遊から離脱
③コロニーの電波遮断解除
④結界の出入り可能

この中で、④を最優先して欲しいとのこと。

秤は、ヤバいやつが沢山いることから④の前に③にするべきだといいます。

しかし西宮は、真希が怪物になったことにより、結界を素通りできるようになったことを秤に伝えました。

どうやら、憂憂と協力すれば③の連絡手段が解決するとのことです。

呪術廻戦190話:真希と加茂に舞台は切り替わる

舞台は切り替わり、真希と加茂憲紀が呪霊と戦い終わり、話し合いをしている描写が描かれます。

加茂は、真希が変わったことに気づき、真希も髪が短くなった加茂に対して茶々を入れました。

加茂家の当主が別に立てられてしまい、お払い箱になってしまったため、イメチェンをしたようです。

雑談の最中に、圧を感じる真希と加茂。

上から強力な呪霊が降ってくる様子が描かれ190話は終了です。


次に読みたい記事

前後のネタバレ

前の話 次の話
呪術廻戦の189話のネタバレ▶︎189話のネタバレ 191話のネタバレ▶︎191話のネタバレ

よく読まれている記事一覧

呪術廻戦のネタバレと感想一覧▶︎ネタバレ一覧 呪術廻戦アニメ2期はいつ放送?▶︎アニメの2期はいつから?