ネタバレ

【呪術廻戦】187話のネタバレ

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん/呪術回線)における187話のネタバレと考察・次回予想まで掲載しています。

呪術廻戦187話前までのネタバレあらすじ

秤vs鹿紫雲

前回186話は、パンダがボコボコにされたところに秤が登場、秤vs鹿紫雲が始まったところからでしたね。

領域展開のボーナスが入り、圧倒的な呪力量となった秤。

秤の右腕を吹っ飛ばすほどの呪力出力を見せる鹿紫雲でしたが、なんとボーナス中の秤は無限にあふれる呪力で瞬時に回復するのでした。

そしてさらにボーナスで増えた呪力を使って再度領域展開!

秤vs鹿紫雲、いよいよクライマックスです。


呪術廻戦187話以降のネタバレ考察

呪術廻戦187話:秤vs鹿紫雲

秤の領域は自身へのバフ効果のため、相手に当てる時間がいらない分術式の発動が早いものです。

鹿紫雲は領域展開の発動を諦めるより早く秤の領域展開のルールを理解させられたため、領域展開を発動することができませんでした。

そして秤の領域展開が発動し、確率変動に突入。

確変時は不死身じゃないため、鹿紫雲はここを狙います。

鹿紫雲は一瞬で秤に詰め寄り、秤の首に肘打ちを食らわせますが、その瞬間「続行!」と1シークエンスのやり直しに入り再び確変が始まりました。

秤は確変時の状態に回復しましたが、鹿紫雲もすぐさま応戦。再び秤に致命傷を負わせますが、秤の「継続!」で回復しリーチがかかります。

無事このリーチは大当たりになり、現実世界に戻ります。

秤「ミュージック、スタートぉ!」

ここから4分11秒秤は呪力の制限解除とフルオートの反転術式による回復で無敵状態となりました。

鹿紫雲はこの4分11秒をいなすして反撃は雑魚の思考、ここで決めると全力を出します。

鹿紫雲「音量上げろ!生前葬だ!」

秤と鹿紫雲の最後のぶつかりあいが始まろうとしたところで、400年前のとあるシーンに場面は切り替わります。


呪術廻戦187話:鹿紫雲の過去の話にさかのぼる

場面は切り替わり、鹿紫雲が過去に生きてた400年前までさかのぼります。

羂索「楽しめた?」

老いぼれじいさんの鹿紫雲に話しかける羂索。しかし、羂索が連れてきた対戦相手には満足しなかった様子です。

羂索は次の対戦相手にその時代に生きている、乙骨が倒した石流を提案します。

しかし鹿紫雲は、距離が遠くて生きている間に会って戦うことはできないことを感じているようです。

鹿紫雲「貴様の知る最強の術師は?」羂索は、最強の術師は宿儺であると断言します。

鹿紫雲はその話を聞き、【例の話】(死滅回遊でよみがえる件?)を受け、宿儺と戦うことを決意し、187話は終了です。


次に読みたい記事

前後のネタバレ

前の話 次の話
呪術廻戦の186話のネタバレ▶︎186話のネタバレ 呪術廻戦の188話のネタバレ▶︎188話のネタバレ

よく読まれている記事一覧

呪術廻戦のネタバレと感想一覧▶︎ネタバレ一覧 呪術廻戦アニメ2期はいつ放送?▶︎アニメの2期はいつから?