ネタバレ

【呪術廻戦】184話のネタバレと考察・感想

【呪術廻戦の今アツい!情報】
▶︎最新話のネタバレ
▶︎呪術廻戦のアニメ2期はいつ?
▶︎映画の配信はある?

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん/呪術回線)における184話のネタバレと考察・次回予想まで掲載しています。

呪術廻戦184話前までのネタバレあらすじ

秤vsシャルル

前回183話は秤vsシャルルの戦いでしたね。

領域展開を発動した秤。秤の領域展開はパチンコの術式で、大当たりを引くとボーナスをもらえる仕組みです。

最初はリーチがかかるものの、期待度が低くハズレますが、2回目で期待度80%のリーチアクションへ。

そしてついに大当たり。秤はシャルルに一発ダメージを与えたところで183話は終了していました。


呪術廻戦184話以降のネタバレ考察

呪術廻戦184話:パンダvs鹿紫雲

秤と共に東京第2コロニーに来たパンダは、大量のコンテナの上でじっとしていました。

パンダの周辺には濃い血の匂いが。匂いに敏感なパンダですが、この血の匂いを作った犯人の呪力は微弱なため感知できません。

パンダの役目は天使の捜索と交渉、戦闘は秤に任せるつもりでしたが最初のランダム転送で秤とはぐれてしまったのです。

ここを離れるべきかこのままじっとやりすごすが悩みますが、パンダは移動することにしました。

コンテナから降りて辺りを見渡すと、、、

鹿紫雲「あ」

ちょうど悪く400年前の術師である鹿紫雲が現れてしまいました。

鹿紫雲がコガネにパンダがプレイヤーかと聞くとコガネがプレイヤーデス!と答えます。

次の瞬間、鹿紫雲は一瞬で間合いを詰めると、パンダの背中から綿が飛び出るほどの一撃を食らわせ、さらに持っていたパイプで殴り吹っ飛ばします。

鹿紫雲の呪力は電気のような性質を持ち常に帯電しているとパンダは気づきます。

防御不可能と見たパンダはゴリラモードに変身、ドラミングビートを食らわせますが、その腕を捕まれバギィとちぎられてしまうのでした。

さらに鹿紫雲は圧倒的なスピードとパワーでパンダを圧倒、パンダの顔面に3発パンチを入れコンテナに吹っ飛ばしました。

鹿紫雲一は、宿儺がどこにいるか知ってるかパンダに問いただします。

パンダは「知らんな」と答えますが、返答の間から知っていることを察知。

殺さないでやるから言えと鹿紫雲は言いますが、パンダは回答をはぐらかし、今まで見せる事がなかった「お姉ちゃんの核」を使って変形します。

パンダが臨戦態勢になったのを見て、鹿紫雲は自身の呪力を電気に変え、パンダに向かって放つ。

電気は、大気を裂く稲妻のような火力でパンダに必中。パンダは、半身が引き裂かれてしまい184話は終了です。


次に読みたい記事

前後のネタバレ

前の話 次の話
呪術廻戦の183話のネタバレ▶︎183話のネタバレ 呪術廻戦の185話のネタバレ▶︎185話のネタバレ

よく読まれている記事一覧

呪術廻戦のネタバレと感想一覧▶︎ネタバレ一覧 呪術廻戦アニメ2期はいつ放送?▶︎アニメの2期はいつから?