ネタバレ

【呪術廻戦】182話のネタバレと考察・感想

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん/呪術回線)における182話のネタバレと考察・次回予想まで掲載しています。

呪術廻戦182話前までのネタバレあらすじ

仙台コロニー完、そして秤始動!

前回181話では、乙骨vs石流の戦いが終わり、東京第二コロニーでついに秤が始動する展開となっていましたね。

乙骨vs石流の戦い後の、2コマだけ写っていた三輪の存在も気になります。

182話では秤vsシャルルベルナールの戦いが展開されていきそうです!


呪術廻戦182話のネタバレ考察

呪術廻戦182話:秤vsシャルル

シャルルは大きなGペンをを取り出しました。

バガッと観覧車の窓を突き破り外に出ると秤vsシャルルの戦いスタートです。

シャルルは宇宙飛行士になるのが夢だったこと、それが叶わないので漫画で宇宙に行くのだと話しながらGペンで秤を攻撃します。

ただ、シャルルの現実には呪術が降りてきてしまい、もはや漫画の世界になってしまった、それが絶望だと話します。

Gペンで攻撃してくるシャルルに対して、秤は漫画家がペンで攻撃していいのかと問いますが、シャルルは大空翼も蹴りで神田の頭を砕いたと反論。

そして、

シャルル「条件は満たされた」

すると秤の胸に漫画のコマのような模様が浮かび上がります。

秤はすかさず蹴りの攻撃を入れようとしますが、シャルルは容易に避け反撃。

シャルル「ページの左下を目の端で捉えるように、今の私には君の少し先の未来が視えている。」

シャルルの術式は相手の血をインクとしてGペンに満たすことで発動できる、未来を視る能力だということが判明しました。

秤「未来が視える…ね。」

さそっくシャルルは、1秒後の未来を見て戦おうとしますが、秤の動きが速すぎることに気づきます。

近づいてきた秤の攻撃を間一髪でよけたシャルルは、術式が発動できていなかったらその時点で負けてたと悟りました。

秤は、攻撃をよけられたことから未来がしっかり見えていることを確認し、すぐに対策を取ります。

シャルルの術式は、自身の目で対象者を見なければ未来が見えません。それにすぐさま気づいた秤は、シャルルの死角から近づき、何度も攻撃をしかけました。

最後に秤は、シャルルの心をへし折るために、最大限の攻撃をしかます。

秤「領域展開」

これにて182話は終了します。183話は、2週間後の5月9日に掲載される予定です。


次に読みたい記事

前後のネタバレ

前の話 次の話
呪術廻戦の181話のネタバレ▶︎181話のネタバレ 呪術廻戦の183話のネタバレ▶︎183話のネタバレ

よく読まれている記事一覧

呪術廻戦のネタバレと感想一覧▶︎ネタバレ一覧 呪術廻戦アニメ2期はいつ放送?▶︎アニメの2期はいつから?