ネタバレ

【呪術廻戦】181話のネタバレと考察・感想

【呪術廻戦の今アツい!情報】
▶︎最新話のネタバレ
▶︎呪術廻戦のアニメ2期はいつ?
▶︎映画の配信はある?

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん/呪術回線)における181話のネタバレと考察・次回予想まで掲載しています。

呪術廻戦181話前までのネタバレあらすじ

乙骨vs石流、決着…?

前回180話では、仙台コロニーの強者の戦いが最終局面を迎えるところでしたね。

乙骨vs石流という2人の争いとなったこの戦い。

火力ではリカの最大出力をも超える石流の呪力出力に乙骨は苦戦します。

ただ、乙骨は石流の想定を上回る術式、コピーで烏鷺の術式を石流にお見舞いし、さらに石流自身のグラニテブラストの軌道を変え石流自身にヒット、これでゲームセットです。

この2人の戦いは乙骨に軍配が上がりました。


呪術廻戦181話以降のネタバレ考察

呪術廻戦181話:仙台コロニー、一段落

烏鷺は敗れる前に乙骨に忠告します。

烏鷺「限界が来るのはオマエの方だ。私は見た、術師や呪霊、強者としての地平すら超越するのは圧倒的な自己、他を顧みない災い。」

烏鷺は昔宿儺に敗れた術師だったのでしょうか。

そして場面は切り替わり乙骨と敗れた石流のシーンへ。

石流「甘すぎだ…乙骨。」

負けた術師を生かして得することなんか何一つない、烏鷺さんも言ってましたよと話す乙骨と石流。

石流・烏鷺からのポイント譲渡により乙骨は190点を手に入れ、仙台コロニーに大きな争いは一段落するのでした。

そしてこの戦いの後、ザッザッと歩く三輪の姿が…


呪術廻戦181話:東京第二コロニー、秤始動!

場面は切り替わり、東京第二コロニーの集英社に。

新人の漫画持ち込みを受けているシーンになります。

両親がフランス人の「シャルル・ベルナール」が漫画を持ち込んだようです。

ただ、その漫画はジャンプにはイマイチだったようで、担当者がフィードバックしますがシャルルベルナールはその担当者の指を折り「話にならない」と集英社を後にするのでした。

漫画化を目指しているシャルルは、11月12日の昼に秤と観覧車に乗っていました。

話的にどうやら、落ち込んだシャルルが近くにいた秤に観覧車に乗ってくれと提案したようです。

シャルルは死滅回遊が始まったことで、あらゆる媒体で漫画が発信されていないことに、日本の終わりを感じています。

また、このゲームは戦う理由が後ろ向きで、理由がないと戦えないと嘆き、秤に動機をくれと懇願しました。

秤は、この発言からシャルルに対して暴言を吐きます。

秤「お前の漫画なんざ頼まれたって読まねぇよ。根暗が感染する」

シャルルは涙を流して、秤と戦うモチベーションが生まれ、181話は終了します。


次に読みたい記事

前後のネタバレ

前の話 次の話
呪術廻戦の180話のネタバレ▶︎180話のネタバレ 呪術廻戦の182話のネタバレ▶︎182話のネタバレ

よく読まれている記事一覧

呪術廻戦のネタバレと感想一覧▶︎ネタバレ一覧 呪術廻戦アニメ2期はいつ放送?▶︎アニメの2期はいつから?