ネタバレ

【呪術廻戦】176話のネタバレと考察・感想

呪術廻戦の176話のネタバレ

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん/呪術回線)における176話のネタバレと考察・次回予想まで掲載しています。

呪術廻戦176話前までのネタバレあらすじ

乙骨、黒沐死撃破!

前回176話は乙骨vs黒沐死の回でしたね。

圧倒的な力の差を見せつける乙骨。

それでも一瞬の隙をつかれ劣勢になりましたが、口移しで反転術式を流し込みKO。

ただ、次の瞬間、戦いを見ていたプレイヤーの1人「鳥鷲享子」が後ろに現れ戦いをしかけてくるのでした!


呪術廻戦176話以降のネタバレ考察

呪術廻戦176話:乙骨vs石流vs烏鷺

ドドドッ

烏鷺にふっ飛ばされた乙骨ですがそこまでダメージはありません。

さらに烏鷺は攻撃を仕掛けますがかわす乙骨、烏鷺は術式で空間を引っ張り乙骨の腕を変形させて引き寄せると顔面に肘をクリーンヒットさせました。

乙骨は少し距離をとって自分の腕に異常がないことを確認します。

烏鷺「私の術式はね、空を面で捉えるの。こんな風に。」

そう言うと、烏鷺はぐにぃと背景を一枚の布のように引き寄せました。術式の開示です。

乙骨はここで「なぜアナタほど強い人なら点を取りたい時に取れるのに積極的に戦おうとするのか」と烏鷺にたずねます。

烏鷺は二度目の人生を謳歌するためだと答えます。死滅回游は二度目の人生の第一段階、あらゆる事態を想定して点は取っておくべきだと。

乙骨はこう言う烏鷺に友達や恋人はいないのかと聞きます。悔いがあるからって何百年、何千年越しに人まで殺して…

キレイごとを並べる乙骨に、烏鷺は「逆鱗の隣をなぞられているような」と怒りをつのらせます。

乙骨「なんで自分なんかのために必死になるんですか?」
烏鷺「オマエ、藤原の人間か!」

ビキッっと烏鷺が目を血走らせた瞬間、

「グラニテブラスト」

建物の屋上から石流がリーゼントから超高火力な呪力噴出を繰り出してきました。

乙骨、烏鷺の両者は呪力で身を守ります。

乙骨は一般人を避難させているスタジアムに直撃すれば何人かは死んでしまう、烏鷺は石流を泳がす理由はないことから、石流を狩る流れに。

乙骨はそう決まるやいなや、真正面から石流に突っ込んでいきます。石流は追尾性能のあるビームを乙骨に複数発射。乙骨は華麗に避げきったと思われましたが、上方向に打ち上げていたビームが弧を描いて乙骨に直撃したかに見えます…

しかし、乙骨は地下へ逃げビームを回避、石流の背後を取ることに成功したのです。

ここから乙骨vs石流の肉弾戦へ突入し、176話は終了しています。


次に読みたい記事

前後のネタバレ

前の話 次の話
呪術廻戦の175話のネタバレ▶︎175話のネタバレ 呪術廻戦の177話のネタバレ▶︎177話のネタバレ

よく読まれている記事一覧

呪術廻戦のネタバレと感想一覧▶︎ネタバレ一覧 呪術廻戦アニメ2期はいつ放送?▶︎アニメの2期はいつから?