ネタバレ

【呪術廻戦】166話のネタバレと考察・感想

呪術廻戦166話のネタバレ

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん/呪術回線)における166話のネタバレと考察・次回予想まで掲載しています。

呪術廻戦166話前までのネタバレあらすじ

虎杖、死刑宣告!?

呪術廻戦165話出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦165話」

前回165話は虎杖vs日車戦が大きな山場を迎えるところでしたね!

呪力なしで戦う虎杖ですがなんとか耐え忍びますが、それも限界…

日車の術式が裁判という点から2審があることに気付きます。

ただ、その議題が宿儺による大量殺人の疑い。

虎杖は否定できず、ジャッジマンに死刑を宣告されてしまうのでした。



呪術廻戦166話以降のネタバレ考察

呪術廻戦166話:虎杖vs日車、クライマックス!

呪術廻戦166話出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦166話」

「日車君、どうかね、裁判官を目指してみないか?」

かつて司法修習生だった頃、日車は検察官か弁護士を目指していました。

修習生の時から優秀で、先生から裁判官を目指してみないかと誘われるほどでした。

「有罪、没収、死刑」

現代に戻り、虎杖が罪を認め死刑判決を受けてしまいました。

すると日車の木槌が光の剣「処刑人の剣」に姿を変えます。処刑人の剣は切った者を例外なく必ず死に至らせる効果があるのです。

人の心に寄り添うことは人の弱さを理解すること、被害者の弱さ、加害者の弱さを見てきた日車は、他人に歩み寄るたび醜いと思うようになっていきました。

日車「君もだ…虎杖!人は皆!弱く醜い!オマエがどんなに高潔な魂を望もうとも!」

その先には何もない!目の前の闇はただの闇だ!と叫びながら剣を構えます。

虎杖は椅子が積んである影に走り込むと、日車に椅子を大量に投げ込みます。

虎杖はその投げ込んだ椅子の影に隠れながら日車に接近、うまくジャケットを脱いで囮にして日車の背後を取りました。

さらに着ていたシャツを日車の顔に投げ視界を奪うと、虎杖は日車の足を狙います。それを読んでいた日車、ジャンプでかわし虎杖を剣で切ろうとしますが…

先ほどの裁判でジャッジマンから提出された証拠の情報は宿儺についてでした。つまり虎杖は殺していないことを日車は分かっていたのです。

それでも罪を認めた虎杖、日車は剣で攻撃できず術式を解除しました。

ドウッ

虎杖は日車の腹にパンチを食らわせ日車をふっとばしました。



呪術廻戦166話:日車が戦闘を放棄した理由を話す

呪術廻戦166話出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦166話」

武器を消して、虎杖のパンチを貰った日車。

虎杖は驚いた顔をしています。日車「刑法39条1項だ」日車は、渋谷で虎杖が人を殺してしまった理由は、宿儺に体を乗っ取られ、心神喪失していたためと話します。

自発的に出していない虎杖のせいではない、つまり無罪であると。

虎杖は、その言葉を聞いても自身の弱さが理由でそうなってしまったと話します。

日車は、その言葉を聞き初心に戻り、虎杖と座って話すことにしました。

日車「座れ、100点をやる」

更に、日車は自分の意思で人を殺めたことがあるか虎杖に問います。

虎杖は、血塗や壊相を思い浮かべ、あると正直に話します。日車もその言葉を聞いて、自分が殺めた時のことを思い浮かべ、最悪の気分だったろうと虎杖に投げかけ、166話は終了します。



次に読みたい記事

前後のネタバレ

前の話 次の話
呪術廻戦165話のネタバレ▶︎165話のネタバレ 呪術廻戦167話のネタバレ▶︎167話のネタバレ

よく読まれている記事一覧

呪術廻戦のネタバレと感想一覧▶︎ネタバレ一覧 呪術廻戦アニメ2期はいつ放送?▶︎アニメの2期はいつから?