ネタバレ

【呪術廻戦】91話のネタバレと感想

91話のネタバレ
【本誌最新話】
▶︎最新話146話のネタバレ(4/19更新)
【アニメの注目記事】
▶︎アニメ24話のネタバレ(3/26更新)
【HOTな考察記事】
▶︎死滅回遊とは?ルールを解説!

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん/呪術回線)における91話のネタバレと感想を掲載しています。

91話のネタバレ

呪術廻戦91話出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦91話」

五条悟、封印完了。

90話で夏油が登場し、ついに獄門彊に捕まってしまった五条。91話は夏油(呪霊)と五条の会話シーンから始まります。

夏油「おやすみ五条悟、新しい世界でまた会おう」
五条「僕はな、オマエはそろそろ起きろよ。いつまでいい様にされてんだ傑。」

五条の声に反応して夏油の右手が自身の首を締めようとします。夏油(呪霊)の肉体に宿った本来の夏油傑の記憶が五条の声に反応して呪霊に抵抗しようとしているのです。

この現象に夏油は驚いた様子で、真人に話します。

夏油「君は魂は肉体の先に在ると述べたが、やはり肉体は魂であり魂は肉体なんだよ。(中略)」
真人「それって一貫してないといけないこと?俺と夏油の術式では世界が違うんじゃない?」
夏油「術式は世界か…フフ…いいね素敵だ。」

この会話の後、夏油の「閉門」の言葉と共についに五条悟は封印されてしまいました



メカ丸復活のカラクリは?

90話のラストで突如虎杖悠仁の耳に現れたミニメカ丸。

ミニメカ丸は虎杖、冥冥に五条悟が封印されたことを伝えます。

しかし、実際に封印の現場を見ていない2人は信じられない様子。メカ丸は自身が存在することを根拠に信じてほしいと話します。

【メカ丸復活のカラクリ】
・ミニメカ丸は生前のメカ丸が残した”保険”。
・この保険の発動条件は『五条悟封印後』。
・虎杖悠仁の耳に出現したのは虎杖が最も内通者の可能性が低かったから。
・一定時間で消えてしまう。

2人の呪詛師が虎杖・冥冥を追ってきているため、もう時間がありません。急いで五条の安否確認に向かおうとする虎杖・冥冥をミニメカ丸は止めます。

メカ丸「もう渋谷の状況は変わっていル。相手の結界術はコチラの数段上手ダ。(中略)頼む、俺の指示に従ってくレ。」
冥冥「分かった、言ってごらん。」

渋谷の4枚の帳の中にいる呪術師とも連絡が取れません。冥冥はメカ丸の言葉を信じることにしました。

メカ丸は虎杖・冥冥それぞれに素早く指示を出します。

【虎杖への指示】
・明治神宮前に戻り地上から渋谷へ。五条悟封印を術師全体に伝達。五条奪還をコチラの共通目的に据えること。
【冥冥への指示】
・虎杖が地上へ明治神宮前に戻るための隙を作る。追手の呪詛師撃退後は線路を確保、臨機応変に立ち回る。

そしてついに呪詛師2体の登場、冥冥・虎杖vs呪詛師の戦いが始まります



封印されてなお力を見せる五条

夏油が真人や漏瑚ら呪霊たちと次の作戦について話し合おうとしたその瞬間、

夏油が持っている獄門彊がカタカタと動き出し、とてつもない重力が!

なんと封印されたはずの五条が獄門彊の中で術式を発動し重力を操作していたのでした!

ただこれ以上の抵抗はできない様子。五条は獄門彊の中で呟いています。

五条「まずったよなぁ、色々とヤバイよなぁ。…ま、なんとかなるか。期待してるよ皆。」

ここで91話は終了しています。



91話の感想

作者も五条を書くのに疲れてた!?

呪術廻戦ジャンプ本誌出典:週刊少年ジャンプ2020年8号

ジャンプ本誌の最後のページ、作者からのコメントを掲載する欄を見てみると、

下々「五条がいなくなったおかげで2020年はいい感じの年になりそうです。」

とあります。

五条の能力は無下限術式と、もう何でもアリの最強術式となっているので、作者自身も五条の能力を理解しながら矛盾の無いように書くのに疲れていたのではないでしょうか?笑

ここを読んだ瞬間思わず笑ってしまいました。

五条が封印されてしまった今、虎杖ら呪術師側はどのように戦っていくのか楽しみですね!

五条悟の解説
【呪術廻戦】五条悟の能力と目の徹底解説【領域展開】呪術廻戦(じゅじゅつかいせん/呪術回線)における、五条悟(ごじょうさとる)の能力と目の解説です。五条悟の術式や技、領域展開についてはもちろん、過去の情報や封印計画、声優についても紹介しています。五条悟の全てを知りたい方は是非ご覧ください。...


次に読みたい記事

前後のネタバレ

前の話 次の話
呪術廻戦の90話のネタバレ▶90話のネタバレ 92話のネタバレ▶︎92話のネタバレ

ネタバレと感想一覧

呪術廻戦のネタバレと感想一覧▶︎ネタバレと感想一覧
【ネタバレ一覧】
こちらの記事では呪術廻戦のネタバレと感想の記事を一覧で掲載しています。最新話はもちろん、ジャンプ本誌とコミックで分けて掲載しているので、ネタバレ記事をお探しの方はぜひご利用ください。