ネタバレ

【呪術廻戦】159話のネタバレと考察・感想

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん/呪術回線)における159話のネタバレと考察・次回予想まで掲載しています。

呪術廻戦159話前までのネタバレあらすじ

ついに死滅回游、始動!

呪術廻戦158話出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦158話」

前回はようやく秤が仲間になりついに死滅回游が幕を開けるか?という回でしたね。

急に現れた死滅回游のプレイヤーにつく窓口「コガネ」。

そしてすでに200点稼ぎ情報開示のルールを追加した鹿紫雲一、さらに102点を持つ日車寛見。

これで虎杖、伏黒らは獄門疆の封印を解ける天使を探しながら、鹿紫雲一と日車寛見を狩ることを目標に動き出すのでした!



呪術廻戦159話のネタバレ考察

呪術廻戦159話:弁護士、日車寛見

呪術廻戦159話出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦159話」

日本の刑事裁判の有罪率は99.9%。

弁護士である日車寛見は殺人事件の容疑者となっている男と面会していました。

日車はこの男がシロである可能性は十二分にあると考え、彼の所属する怪しいNPO団体を調査することにします。

ギャラが低い、世論は有罪一色、やるだけ損でしょと助手の女性はやる気0ですが、日車はたまにはいいだろう、楽な仕事ばかりじゃ腕が鈍ると続行します。

昔、日車寛見は危険運転致傷の案件を担当していた過去があります。

対象となった19歳の被告は、飲酒も運転も職場の人に強要された案件。

日車寛見は何とか執行猶予がつくように最善をつくしたが、判決後少年は「無罪になると言ったじゃないか」と、彼を責めました。

付き添いの女性が心配するも、日車は弱い立場の人間は、経済的にも精神的にも追い詰められ、自分に当たるのは無理もないと答えました。

現代に戻り、一審で大江の無罪が決まり、日車もホッとした様子。

大江も日車に涙を出して感謝します。しかし、第二審では、検察側の新しい証拠が提出されたわけでもなく、行方不明者の犯行と疑う理由はないという無茶な判決で、無期懲役の判決が下されます。

有罪ありきの裁判。

判決受けた大江は、日車を責めるように見ます。

過去の危険運転致傷の案件を思い出した日車は、怒りを露わにして席を立ち、

日車「全員戻れ、やり直しだ」後ろには天秤を持った呪霊?が出現し、159話は終了します。



次に読みたい記事

前後のネタバレ

前の話 次の話
呪術廻戦の158話のネタバレ▶︎158話のネタバレ 呪術廻戦の160話のネタバレ▶︎160話のネタバレ

よく読まれている記事一覧

呪術廻戦のネタバレと感想一覧▶︎ネタバレ一覧 呪術廻戦アニメ2期はいつ放送?▶︎アニメの2期はいつから?