ネタバレ

【呪術廻戦】152話のネタバレと考察・感想

呪術廻戦の152話のネタバレ

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん/呪術回線)における152話のネタバレと考察・次回予想まで掲載しています。

呪術廻戦152話前までのネタバレあらすじ

真希vs直哉、決着!

呪術廻戦151話出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦151話」

前回151話は真希vs直哉が描かれましたね。

妹・真依との約束通り禪院家を全て壊すことを決意した真希、ついに現在の禪院家No.1直哉との直接対決です。

圧倒的なスピードで動く直哉でしたが、1/24fpsで動くことを見抜き、真希の拳は直哉の顔にクリティカルヒット。真希vs直哉の戦いは真希に軍配が上がるのでした。



呪術廻戦152話のネタバレ

呪術廻戦152話:真希、禪院家を全壊する

呪術廻戦152話出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦152話」

真希「母さん、母さんお願い聞いて。あの時なんでもどれって言ったの?」

真希は直哉戦後、母の元へ戻りました。近づく真希に母は来ないで!と反抗します。

母「…いや!いやぁっ!!」

こう叫ぶ母を無視し真希は母の喉を裂くのでした。

一方、真希にやられた直哉はしぶとくもまだ息があり、禪院家の屋敷に戻りました。真希に目を潰され重症で部屋に倒れ込みます。

直哉「…クックックッ、ツメが甘いんじゃ、クソ女ぁ」

その直哉の元に首を裂かれた母の姿が。母は持ってきた包丁で直哉の心臓を刺し、自らと共に命を絶つのでした。

母「あぁ…産んでよかった…」

真希が真依の遺体を担いで屋敷から出ると、そこには西宮桃の姿が。

西宮「真依ちゃん!だから私は…行くなって…!」
真希「…後、頼む」

真希は何も言わずその場を後にするのでした。



呪術廻戦152話の考察

母は禪院家から解放されることを望んでいた

152話で伏黒以外全ての禪院家を殺した真希。真依との約束、全て壊すを達成しました。

母は最期の力を振り絞って直哉を殺し、最期には「産んでよかった」と言っています。

今まで呪力を持たない真希に冷たくあたり、産まなきゃよかったとまで言っていた母ですが、母自身も禪院家に苦しめられた一人でしょう。

双子が凶兆と言われる呪術界で肩身の狭い思いをしてきた母ですが、やっと禪院家の縛りから解放される、普通の娘を愛する母に戻れることから「産んでよかった」という言葉が出てきたのだと考察できます。

次に読みたい記事

前後のネタバレ

前の話 次の話
呪術廻戦の151話のネタバレ▶︎151話のネタバレ 呪術廻戦の153話のネタバレ▶︎153話のネタバレ

よく読まれている記事一覧

呪術廻戦のネタバレと感想一覧▶︎ネタバレ一覧 呪術廻戦アニメ2期はいつ放送?▶︎アニメの2期はいつから?