ネタバレ

【呪術廻戦】151話のネタバレと考察・感想

呪術廻戦の151話のネタバレ

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん/呪術回線)における151話のネタバレと考察・次回予想まで掲載しています。

呪術廻戦151話前までのネタバレあらすじ

真希、人の心を失い覚醒。。

呪術廻戦150話出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦150話」

前回150話も真希覚醒回でしたね。

真依を失い覚醒した真希は禪院家に狙われることになりますが、あっという間に禪院家の部隊・躯倶留隊を壊滅させます。

さらに甚壱率いる炳の3人も簡単に殺し、ラストは直哉と1対1になる場面で終わりました。

151話は真希vs直哉から始まるでしょうか?



呪術廻戦151話のネタバレ

呪術廻戦151話:真希vs直哉、決着!

呪術廻戦151話出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦151話」

直哉は真希と戦いながらパパ黒のことを思い出していました。男のくせに呪力が1ミリもないパパ黒の目は全く死んでいなかったのです。

直哉は真希と打ち合いながらも、圧倒的なスピードを活かして真希の腹に蹴りを入れ大ダメージを与えます。

直哉「オマエは!!甚爾君やない!」

ドゴンッと蹴りで真希をふっ飛ばします。

伏黒パパ(甚爾)や五条悟のような最強側に立つのは、真希ではなく自分であることを信じ、最後の攻撃を仕掛ける準備をします。

投射呪法の重ね掛け。

直哉は絶えず術式を重ねて、今以上のスピードを出します。その最高速度の亜音速に達しました。

真希はこれに対抗して、「不知火型」で対抗。今までの戦いで喰らった負傷により、長期戦は不利と考え、真っ向勝負で受け止めようとします。

しかし、直哉はその真っ向勝負は挑まない。直哉は、真希の腕をタッチして、投射呪法を真希に対して発動します。

真希は1/24で動きを作らなければ1秒間フリーズするため、直哉はその間を狙って攻撃をしかけます。

直哉「そんな見え見えの誘いに乗るかい!やっぱオマエは偽物や!!」

後ろからの攻撃が決まったと思った瞬間、真希の拳が前に現れる。

真希は1/24で動かなければフリーズすることを戦闘中に感じ取ることに成功していました。

真希の拳は直哉の顔にクリティカルヒット。真希vs直哉の戦いは真希に軍配が上がり、151話は終了します。



呪術廻戦151話の考察

真希、チート級のキャラへ

直哉が真希を偽物と言っていた理由直哉は、今までの流れから禅院甚爾(伏黒パパ)や五条悟のような強さを持つ物に憧れていたことが伺えます。

今回の件で、真希が禅院甚爾と言われていることに対して、自分も肌でそれを感じ、妬みを含めて「偽物」と言っていたと考えられます。

また、この戦いで勝利した真希は、禅院甚爾とほぼ互角の力を持ち、禅院甚爾(伏黒パパ)や五条悟のような最強格のキャラとして君臨したともいえるでしょう。

次に読みたい記事

前後のネタバレ

前の話 次の話
150話のネタバレ▶︎150話のネタバレ 呪術廻戦の152話のネタバレ▶︎152話のネタバレ

よく読まれている記事一覧

呪術廻戦のネタバレと感想一覧▶︎ネタバレ一覧 呪術廻戦アニメ2期はいつ放送?▶︎アニメの2期はいつから?