ネタバレ

【呪術廻戦】150話のネタバレと考察・感想

150話のネタバレ

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん/呪術回線)における150話のネタバレと考察・次回予想まで掲載しています。

呪術廻戦150話前までのネタバレあらすじ

禪院家の忌庫で真希を待っていたのは…

呪術廻戦149話出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦149話」

前回149話は真希覚醒回でしたね。

父・扇に敗れたかに見えた真依と真希でしたが、真依の犠牲のもと真希本来のフィジカルギフテッドが発動し、パパ黒と同等以上の力を持ってように見えました。

最後に扇の頭を真っ二つにした真依。

真依との約束「全部壊して。」を果たしに行くのでしょうか。



呪術廻戦150話のネタバレ

呪術廻戦150話:真希、禪院家に乗り込む

呪術廻戦150話 出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦150話」

カンカンカンカン!

甚壱や直哉のいる禪院家の警鐘が鳴らされました。

蘭太「真希が乱心しました!!」

蘭太は真希によって扇が殺害されたことを甚壱に伝えます。真希は謀反者として禪院家・躯倶留隊によって処理されるようです。

躯倶留隊 隊長・禪院信朗は俺が着く前に引っ捕らえろと隊員を真希の元へ仕向けます。

躯倶留隊(くくるたい)…術式を持たない禪院男児の戦闘集団。炳の下部組織として日や武芸を叩き込まれる。
炳(へい)…準1級以上の実力を認められた者達で構成される禪院家最強の術師集団。

躯倶留隊はすぐに敷地内に来た真希を発見、囲み殺そうとしますが、、、

真希「ごめん、ごめんな真依」

一緒に落ちぶれてやれなかったことを心の中で謝る真希は、真依との最後の約束「全部壊して」の実行に移ります。

真希は圧倒的な力とスピードで躯倶留隊をあっという間に壊滅させます。まさにあのパパ黒の動きそのものでした。喉を切り裂き、顔を真っ二つにし、全て殺し尽くします。



呪術廻戦150話:禪院家の最強術師集団「炳」が登場

呪術廻戦150話出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦150話」

躯倶留隊(くくるたい)が手に負えない状態になったところで、禪院家の最強術師集団「炳(へい)」の三人が現れます。

炳の一人、長寿郎が土を使って大きな手を作り、真希を握りつぶすことに成功。

しかし、真希はその手も壊して肉体戦に持ち込み、長寿郎と躯倶留隊隊長の喉を手で切りつけ殺します。

続けて炳の二人目蘭太が、真希を術式で縛り付けようとしますが、真希を止めきれないのを感じ取り、三人目の甚壱に声を掛ける。

蘭太「今の禪院家があるのは甚爾さん(伏黒パパ)の気まぐれだ!真希はあの人と同じに成ったんだ!今ここでやるんだ!」

蘭太が止めている所を、甚壱の術式が降り注ぎます。蘭太は確信しましたが、立ち上がってきたのは真希。

最強術師集団「炳」の三人組はアッという間に殺されてしまいました。

禪院直哉「酷いなぁ人の心とかないんか?」
真希「あぁアイツが持ってっちまったからな」

「炳」の筆頭、禪院直哉が登場し、ここで150話は終了です。



呪術廻戦150話の考察

サブタイトルについて

148話、149話、150話のサブタイトルは、「葦を啣む」となっています。

このサブタイトルには、ことわざ「葦を啣む雁(あしをふくむかり)」の意味が込められているようです。

「葦を啣む雁(あしをふくむかり)」の意味は、「物事を行うときの準備が完全なこと。」

これは、149話の最終ページの雁(カモ)が飛び立ったシーンで、真希が覚醒&刀を手に入れて、死滅回遊に向けて準備が整ったことを指しているのでしょう。



次に読みたい記事

前後のネタバレ

前の話 次の話
149話のネタバレ▶︎149話のネタバレ 呪術廻戦の151話のネタバレ▶︎151話のネタバレ

よく読まれている記事一覧

呪術廻戦のネタバレと感想一覧▶︎ネタバレ一覧 呪術廻戦アニメ2期はいつ放送?▶︎アニメの2期はいつから?