ネタバレ

【呪術廻戦】145話のネタバレと考察・感想

145話のネタバレ
【本誌最新話】
▶︎最新話146話のネタバレ(4/19更新)
【アニメの注目記事】
▶︎アニメ24話のネタバレ(3/26更新)
【HOTな考察記事】
▶︎死滅回遊とは?ルールを解説!

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん/呪術回線)における145話のネタバレと考察・次回予想まで掲載しています。

呪術廻戦145話前までのネタバレあらすじ

天元登場!

呪術廻戦145話出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦144話」

143話で明らかになったデスゲーム「死滅回游」。前回144話では伏黒、乙骨、虎杖、脹相がこれからどうすかを話すところが描かれましたね。

そして伏黒は2つのことを天元に聞きに行こうと提案します。

・獄門彊の封印の解き方
・加茂憲倫の目的と今後の出方

そして虎杖らは高専にいる九十九や真希と合流し、天元の元へ向かうのでした。



呪術廻戦145話のネタバレ

呪術廻戦145話:羂索について語る天元

呪術廻戦145話出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦145話」

九十九「私には挨拶なしかい?天元」

ついに虎杖らの前に現れた天元。九十九はなぜ薨星宮を閉じたのか尋ねます。

天元は羂索(けんじゃく)に君が同調していることを警戒したと話し始めました。

羂索とはかつて加茂憲倫、今の偽夏油の肉体に入ってる術師だと言います。

ここでいきなり虎杖が天元様はなんでそんな感じなのと割って入りました。

天元はこれが500年老いた姿だと説明。11年前の天内理子との同化に失敗してから老化が加速し天地そのものが私の自我となったんだと話します。

ここで乙骨が今回の目的である「羂索の目的」「獄門疆の解き方」について尋ねます。

答える代わりに1つ条件があると言う天元、その条件とは乙骨・九十九・脹相の3人のうち2人は天元の護衛をするというもの。

これに九十九はフェアじゃないと反論、護衛の期間も理由も明かさないのかと言います。

天元「…では羂索について語ろうか」

そして天元は羂索について語り始めるのでした。

羂索の目的は日本全土を対象とした人類への進化の強制。

羂索は以前天元の結界を利用しマークした人間を術師にしましたが、伏黒はなぜあの時日本人全員を術師に変えなかったのかと質問。天元はそれは単純に呪力不足だと答えます。

そして羂索が取る進化手段は人類と天元の同化だと言うのでした。

これに虎杖、伏黒らは天元と同化できるのは星漿体だけなはず、天元は1人だから複数と同化するのは?と疑問をいだきます。

天元はこれに、「11年前から進化を始めた今の私なら星漿体以外の同化も可能」「進化した私の魂は至る所に在る。天地そのものが私の自我なんだ」

と回答。天元と同化した人間は術師という壁すら超える。そこにいてそこにいない新しい存在の形であると続けるのでした。

もし、羂索の目的である人類と天元の同化がなされ、その人類の内一人でも暴走を始めたら世界は終わりである。1億人の穢れが世界に流れ出て、先の東京が世界で再現されると話します。

伏黒は天元が同化を拒否すればいいだけでは?と言いますが、今の天元は人間より呪霊に近い存在、つまり羂索の呪霊操術の術式対象なのです。

現在の羂索の術師としての実力を考慮すると接触した時点で取り込まれてしまうようです。

さらに羂索は天元に次ぐ結界術の使い手、天元の結界も突破される恐れがあるため護衛をつけてほしいと言うのです。

九十九は、星漿体との同化を阻止、天元を進化させる、呪霊操術で取り込む、千年生きている羂索がなぜ今これをしているのか疑問に思っています。

天元はさらに天元・星漿体・六眼は全て因果で繋がっていると説明。

羂索は過去に二度六眼の術師に敗れているようです。そこで今回は五条を殺すのではなく封印へと方針を変えたのでした。

そして11年前、天与呪縛によるフィジカルギフテッドのパパ黒、呪霊操術を持つ夏油の登場で意図せず獄門疆以外のピースが揃うタイミングがありました。

そしてさらに6年前、その獄門疆も入手するのです。



呪術廻戦145話:最後の希望は「天使」!?

呪術廻戦145話出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦145話」

ここで伏黒は死滅回游は何のために行われるのかと質問。

同化前の慣らしだよと天元は答えます。

星漿体以外との同化は不可能ではないが、今のままでは高確率で不完全なものとなるようです。そこで人類を死滅回游で選別し天元との同化を始めるつもりなのです。

この死滅回游は強力な儀式のため羂索自身も縛りを負っているハズ。その一つとしてゲームマスターが羂索ではないという点があると天元は話します。

ただ、これは羂索を殺しても死滅回游は終わらないという虎杖らにとっても不利に働くルールです。

そしてここまで聞いた乙骨・伏黒は自分たちも参加して津美紀やゲームに消極的な人が抜けるルールを追加する、五条の解放という大きな2つの目標を並行して行っていくようです。

そして天元の元に残るのは立候補した九十九・脹相に決まりました。

そして最後に天元は五條悟の解放に必要な「獄門疆・裏」を差し出すのでした。

獄門疆・裏は獄門疆につながる言わば裏門という存在で、これを開ければ五条は解放されると天元は話します。

これを開けるには「天逆鉾」「黒縄」のどちらかが必要ですが、どちらも五条が破壊してしまったらしいのです…

しかし、手は残されているよう。死滅回游に参加しているプレイヤーの一人、「天使」を名乗る千年前の術師「来栖華」、彼女の術式はあらゆる術式を消滅させるものだそうです。

ここで145話は終了しています。



次に読みたい記事

前後のネタバレ

前の話 次の話
144話のネタバレ▶︎144話のネタバレ 146話のネタバレ▶︎146話のネタバレ

よく読まれている記事一覧

呪術廻戦のネタバレと感想一覧▶︎ネタバレ一覧 呪術廻戦アニメ2期はいつ放送?▶︎アニメの2期はいつから?