ネタバレ

【呪術廻戦】140話のネタバレと考察・感想

呪術廻戦の140話

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん/呪術回線)における140話のネタバレと考察・次回予想まで掲載しています。

呪術廻戦140話前までのネタバレあらすじ

虎杖・脹相の前に、直哉・乙骨が登場!

呪術廻戦139話 呪術廻戦139話出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦139話」

前回139話では真っ暗な東京で呪霊を狩り続ける虎杖と脹相の前に、禪院直哉と乙骨憂太が登場するという波乱の展開となりました。

伏黒恵を殺したい直哉、虎杖の処刑しにきた乙骨、これからどのような展開が待ち受けているのか。。。

▶︎139話のネタバレと考察はこちら



呪術廻戦140話のネタバレ

呪術廻戦140話:虎杖vs乙骨、脹相vs直哉①

呪術廻戦140話出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦140話」

虎杖「…誰だ?」

虎杖・脹相は乙骨と初対面なので、誰だか分かっていません。乙骨は高いところから虎杖たちの目の前にジャンプして降りると、着地した地面が粉々に砕けてしましました。それほどの呪力量を持っているのです。

乙骨「誰が虎杖君の、何?」
脹相「やはり悠仁の死刑執行人か」

乙骨は虎杖と一緒にいる脹相や直哉が虎杖とどんな関係なのか問います。

直哉「ちょい待って、味方やで。君乙骨君やろ。」

直哉は自己紹介とともに、邪魔はしない代わりに虎杖を殺してもしばらく上への報告はしないでほしいと交渉します。虎杖を餌に伏黒恵を誘い出す狙いのようです。

脹相は、乙骨と直哉が話している隙に、虎杖に自分が足止めするから逃げろと話します。

乙骨「いいですよ、じゃあそっちは任せます」

そして次の瞬間、とてつもないスピードで乙骨・直哉が虎杖・脹相を襲います。

直哉vs脹相、そして逃げる虎杖を追う乙骨という構図になりました。

まずは直哉vs脹相。

直哉は脹相の構えを見て赤血操術だと見破り、さらに穿血以外は怖くないとすでに攻略済のようです。

直哉「後は言わんでも分かるやろ。詰みや、死ぬで、君。」
脹相「オマエこそ、俺の弟に手を出して生きて帰れると思っているのか?」



呪術廻戦140話:虎杖vs乙骨、脹相vs直哉②

呪術廻戦140話出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦140話」

二人の走っている先に横転している車があります。虎杖はスピードを維持したまま横転した車を飛び越えようとし、追っていた乙骨は、飛び越えた先を切りつけようとします。

乙骨の切りつけに反応した虎杖は、車の窓をしっかりつかみ、逆側に移動。この反応速度を見て、真希のようだと感じる乙骨。

虎杖は、そのまま車を殴りつけ、乙骨もろとも吹っ飛ばします。この間に、見通しの良い所だと逃げきれないことを感じた虎杖は、屋内に逃げ込もうとします。

しかし、屋内に入るための階段を、今度は乙骨が投げ飛ばされた車を更に飛ばして、塞ぎます。

どうやら、パワーがない乙骨は、ありあまる呪力でパワーを補っている様子。ありあまるパワーで呪力を補っている虎杖とは正反対です。

そのまま乙骨は、呪力だけなら五条よりも多いことを虎杖に説明。ただし、五条は六眼があることで、呪力ロスがなくパフォーマンスで言えばやはり五条だとも解説してくれます。

解説し終わると、乙骨は攻撃を再開。

虎杖は、一流の術師ほど呪力の流れが読みづらいというのを、東堂に教わったことを思い出します。

しかし、それは呪力操作が高いことでの読みづらさ。乙骨の場合は、余りある呪力が立ち昇っていることで呪力の流れが読めず、攻撃がどうくるか分からないと感じます。

乙骨の攻撃は、全てが決定打になり、全ての攻撃が最小限で抑えられてしまう最強の特級術師。

「後は頼みます」七海の言葉が脳裏に浮かび、まだ死ねないと虎杖は乙骨に言い、140話は終了します。



呪術廻戦140話の考察・感想

伏黒、遅れて登場あるか!?

140話では圧倒的な力の差を見せつける乙骨と直哉が描かれましたね。

正直、虎杖・脹相ともに一対一ではあまり勝ち目がないような気がします…

この後予想される展開としては、

①脹相が直哉に敗れる
②直哉が虎杖vs乙骨に参戦
③遅れて伏黒登場
④虎杖・伏黒vs乙骨・直哉

という流れがアツいのではないでしょうか!?



次に読みたい記事

前後のネタバレ

前の話 次の話
呪術廻戦の139話のネタバレ▶︎139話のネタバレ 141話のネタバレ▶︎141話のネタバレ

その他関連記事

呪術廻戦のネタバレと感想一覧▶︎ネタバレ一覧 呪術廻戦のアニメはいつ放送?▶︎アニメ情報まとめ
声優情報まとめ▶︎声優を予想! 呪術廻戦主題歌(OP・ED)▶︎主題歌は誰?