ネタバレ

【呪術廻戦】138話のネタバレと考察・感想

呪術廻戦138話のネタバレ

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん/呪術回線)における138話のネタバレと考察・次回予想まで掲載しています。

呪術廻戦138話前までのネタバレあらすじ

東京が壊滅、そして乙骨が…!?

呪術廻戦137話出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦137話」

137話では、1000万体以上の呪霊によって壊滅した東京と、海外から帰還した乙骨が描かれていましたね。

乙骨は呪術界上層部と繋がっているようで、最後には「虎杖悠仁は僕が殺します」と言っています。

そして呪術界には5つの通達が出されました。

・夏油傑の死刑宣告
・五条悟を渋谷事変共同正犯とし、呪術界から永久追放+封印を解くのも罪となる
・夜蛾正道を五条悟と夏油傑をそそのかしたとし、死罪とする
・虎杖悠仁の死刑執行猶予を取り消す
・虎杖悠仁の死刑執行役として乙骨を任命する

▶︎137話のネタバレと考察はこちら



呪術廻戦138話のネタバレ

呪術廻戦138話:禪院家では…

呪術廻戦138話出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦138話」

禪院直哉「で、死んだん?真依ちゃん。」

禪院家でこう話すのは新キャラ・特別1級術師の「禪院直哉(なおや)」。直哉は真希と真依を比較し、男を立てられない真希はダメだと話します。

直哉が入った部屋にいたのは、こちらも新キャラ・特別1級術師の「禪院扇(おうぎ)」「禪院甚壱(じんいち)」でした。

彼らが禪院家に集まったのは現在の当主・禪院直毘人が死にそうだからのようです。

遅いぞという扇に対して、直哉は次の当主は俺なんやからと強気に出ています。

さらに直哉は扇・甚壱に対し、あんたらはふさわしくないと言い放ちます。

そこに禪院家の使いのフルダテという小柄な男が入ってくると禪院直毘人が死んだことを告げ、遺言状を持ってきたと話します。

遺言状によると

・禪院家27代目当主を禪院直哉とす
・保管されている呪具や全財産を直哉が相続する
・扇、甚壱の承認を得た上で運用可能
・ただし、なんらかの理由で五条悟が死亡or意思能力を喪失した場合、伏黒甚爾との誓約状を履行し伏黒恵を禪院家当主とする。

というものでした。直哉は最後の1文にブチ切れ、自ら虎杖悠仁、伏黒恵を殺したると言い出します。

このままいくと封印されている五条悟は意思能力がないため伏黒恵が当主になります、それを許せない直哉でした。



呪術廻戦138話:九十九は消え、虎杖と脹相は行動を共に

呪術廻戦138話出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦138話」

九十九は世界から呪霊をなくしたいだけの人間だと言い、虎杖達の仲間でないことを主張します。

そのためか、偽夏油が事態を悪化させた際に、一度泳がせて様子をみるべきだと考えているようです。

また、夏油を追わなかったお詫びとして、あの場にいた人たちを安全な場所に送り届けることを約束。

一方で虎杖は、高専に戻らず脹相と共に行動しています。

脹相は、自身を気遣って高専に行かないのか、気を遣わなくても残りの兄弟を回収しにいくから問題ないと虎杖に言いますが、そういうわけではないとのこと。

虎杖が戻らない理由として、宿儺が伏黒を使って何か企んでること、人をたくさん殺したことの二つから、高専の皆とは一緒にいられないと心境を語ります。

むしろ虎杖は、弟たちを殺したのに行動を共にしてもいいのかと脹相に投げかけますが、脹相は、あれは事故だから気にしなくても良いとお兄ちゃんらしい発言をします。

二人は、行動を共にしながら偽夏油が残していった呪霊を狩る動きをするようです。



呪術廻戦138話の考察・感想

脹相の残りの兄弟も活躍するかも?

脹相が発言していた、焼相は九相図の一つとされているものです。登場している、脹相(ちょうそう)、壊相(えそう)、血塗相(けちずそう)以外の残りの6体が登場する可能性があります。

残りの6体が保管されている場所は、前回同様に高専の倉庫のどこかにあると推測されるため、禅院家の当主となる伏黒がキーになるかもしれません。

九相図の一覧

名前 登場してる?
脹相(ちょうそう)
壊相(えそう)
血塗相(けちずそう)
膿爛相(のうらんそう) ×
青瘀相(しょうおそう) ×
噉相(たんそう) ×
散相(さんそう) ×
骨相(こつそう) ×
焼相(しょうそう) 〇(名前だけ登場)


次に読みたい記事

前後のネタバレ

前の話 次の話
呪術廻戦の137のネタバレ▶︎137話のネタバレ 呪術廻戦の139話のネタバレ▶︎139話のネタバレ

その他関連記事

呪術廻戦のネタバレと感想一覧▶︎ネタバレ一覧 呪術廻戦のアニメはいつ放送?▶︎アニメ情報まとめ
声優情報まとめ▶︎声優を予想! 呪術廻戦主題歌(OP・ED)▶︎主題歌は誰?