ネタバレ

【呪術廻戦】136話のネタバレと考察・感想

呪術廻戦の136話のネタバレ
【本誌最新話】
▶︎最新話146話のネタバレ(4/19更新)
【アニメの注目記事】
▶︎アニメ24話のネタバレ(3/26更新)
【HOTな考察記事】
▶︎死滅回遊とは?ルールを解説!

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん/呪術回線)における136話のネタバレと考察・次回予想まで掲載しています。

呪術廻戦136話までのネタバレあらすじ

脹相、ついに味方に!裏梅の術式も判明

呪術廻戦135話出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦135話」

ラストには九十九が登場!

135話では脹相が虎杖が弟であることを確信し味方になる、そして明かされていなかった裏梅の術式が明らかになりましたね!

脹相は虎杖と血の繋がりを感じたらしく、「全力でお兄ちゃんを遂行する」というセリフを言っていました。

そして裏梅の術式は超強力な氷系の能力。周囲を一瞬で凍らせることができていましたね!

ラストには海外に行っていたはずの特級術師「九十九由基」が登場し虎杖らを救いました。

これから偽夏油vs九十九の戦いがスタートするのでしょうか!?

▶︎135話のネタバレと考察はこちら
▶︎偽夏油の正体は加茂憲倫!?
▶︎存在しない記憶の考察



呪術廻戦136話のネタバレ

呪術廻戦136話:呪力からの脱却と最適化

呪術廻戦136話出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦136話」

九十九「覚えているかな?世界から呪霊をなくす方法」

九十九は偽夏油に向かって話し始めます。九十九と偽夏油の人類と呪力に関する考え方は対象的でした。

九十九は人類の未来を「呪力からの脱却」と考え、偽夏油は「呪力の最適化」と考えているのです。

九十九は偽夏油が何を言っているのか分からないという顔をしています。以前、九十九は夏油に人類の呪力をなくすという計画について話していました。そして偽夏油の言う最適化プランには大きな穴があると話します。

海外では日本より呪術師・呪霊の発生が極端に少なく、最適化プランには天元様の結界が必要不可欠、天元様を利用するということは呪力が最適化され呪術師と成るのは日本の人間限定である。

こう九十九は考察しました。

これはすなわち呪力というエネルギーをほぼ日本が独占することを意味します、

こうなるとアメリカや中東諸国が黙っていない、戦争が起きることは容易に想像できるだろう、これは私の理想ではないと九十九は続けます。

偽夏油「ハッハッそれが何だ」

偽夏油は笑いながら、そもそも目的が違う、平和など望んでいないと話します。

非術師・術師・呪霊、これらは全て可能性である、人間という”呪力”の形の。

こんなものではない、人間の可能性は。

偽夏油が自らの手でも作ろうとした結果、受胎九相図が生まれましたが、これも可能性の域を出ていないようです。

偽夏油「分かるかい?私が創るべきは私の手から離れた混沌だったんだ。すでに術式の抽出は済ませてある。」

この瞬間、九十九は虎杖に真人がどうなったか確認しますが、虎杖は偽夏油が取り込んだと答えます。

偽夏油は地面に手を付き、「無為転変」を発動。上空に結界のように大きな術式が描かれました。これは術式の遠隔発動です。



呪術廻戦136話|無為転変で1000人の非呪術師が呪術師に

呪術廻戦136話出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦136話」

呪霊操術で取り込んだ呪霊の術式の精度は、取り込んだ時点で成長を止めてしまいます。

そのため偽夏油は、虎杖に対して真人を成長させてくれたことに感謝します。

どうやら、無為転変を遠隔発動できるようになったのも、真人が成長したおかげだったようです。

遠隔発動された無為転変は、偽夏油がマーキングした2種類の非呪術師(合計1000人)に向けて放たれました。

1つめは、呪物を取り込ませてある虎杖のタイプ。2つめは、術式を持っているが脳が非術師のタイプ。

これら2種類の非呪術師に無為転変が放たれ、呪術を発動できる状態にしたようです。伏黒の姉、伏黒津美紀もその中の一人として選ばれています。

この非呪術師は今後、呪力の理解を深めるため殺し合いが始まるだろうと予言しました。どうやらこの1000人に偽夏油は、何かしらの仕込みをしており、殺し合いになるように段取りを踏んでいるようです。



呪術廻戦136話|呪術全盛の時代に突入

呪術廻戦136話出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦136話」

脹相の穿血で体内に血が入った裏梅は、その血の毒にやられて術式が解けてしまいます。

虎杖達の氷が解けて、攻撃態勢に入ろうとしたとき、偽夏油は更に話をつづけました。

配った呪物は、1000年前からコツコツ契約した呪師の成れの果てであること。契約を交わしたのは、術師だけでなく、呪霊もいたが偽夏油になったときにその契約は破棄したこと。

話が終わったタイミングで、契約を破棄した呪霊達が地面から湧き出てきます。

最後に偽夏油は、虎杖(中にいる宿儺)に獄門彊を見せつけ、呪術全盛の時代に突入することを告げ136話は終了です。



呪術廻戦136話の考察・感想

偽夏油は呪力の限界を研究している!?

今回で最も大きなテーマとなっていたのが偽夏油の言う「呪力の最適化」。

九十九はそれをしようとすると日本が呪力を独占し戦争が起こると言っていました。

しかし、偽夏油はそんなことはどうでもいいという様子で、「こんなものではないハズだ。人間の可能性は」と話しています。

つまり偽夏油は非術師・術師・呪霊という存在を超えた呪力の限界を創り出そうとしているのです。このためには世界がどうなってもかまいません。

脹相ら受胎九相図も、偽夏油が呪力の限界を自ら創り出そうとした結果生まれたものでした。

再び呪術全盛の時代に戻り、この呪力の可能性を引き出そうとしているのです。



次に読みたい記事

前後のネタバレ

前の話 次の話
135話のネタバレ▶︎135話のネタバレ 呪術廻戦の137のネタバレ▶︎137話のネタバレ

その他関連記事

呪術廻戦のネタバレと感想一覧▶︎ネタバレ一覧 呪術廻戦のアニメはいつ放送?▶︎アニメ情報まとめ
声優情報まとめ▶︎声優を予想! 呪術廻戦主題歌(OP・ED)▶︎主題歌は誰?