ネタバレ

【呪術廻戦】内通者は誰か徹底考察|メカ丸と学長?

内通者は誰
【本誌最新話】
▶︎最新話146話のネタバレ(4/19更新)
【アニメの注目記事】
▶︎アニメ24話のネタバレ(3/26更新)
【HOTな考察記事】
▶︎死滅回遊とは?ルールを解説!

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん/呪術回線)における、内通者は誰かを考察した記事です。京都姉妹校編でささやかれている内通者はメカ丸!?そしてもう1人は学長?呪術廻戦内通者について気になる方はぜひご覧ください。

以下ネタバレを含みます。

内通者は何人いる?

内通者は少なくとも2人以上

呪術廻戦コミック9巻出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦9巻」

アニメ14話(コミック4巻)で五条と歌姫が話していた「内通者」(アニメ14話のあらすじはこちら)。

この段階では内通者は誰なのか、一体何人いるのか明らかになっていませんでしたが、コミック9巻(79話)で歌姫と虎杖らが話している場面で歌姫が、

「多分呪詛師と通じているのは2人以上。1人は学長以上の上層部、コッチは私じゃどうしようもない。もう1人、その上層部に情報を流してる奴がいる。」

と言っています。



内通者は誰?メカ丸と学長?

1人はメカ丸で確定(コミック9巻)

呪術廻戦コミック9巻出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦9巻」

コミック9巻では、歌姫、虎杖、伏黒、釘崎がこの内通者1人を捕獲に向かいます。

その対象者は京都校「メカ丸」です。

予想は見事的中しますが、その頃メカ丸は夏油・真人と会っていたのでした。

メカ丸は高専の情報を渡す代わりに真人の無為転変で体を治してもらう縛りを結んでいました。

ただ、メカ丸は高専を裏切ったわけではなく、自らの体を治し京都校の皆に直接会いたかったのです。

メカ丸と真人は縛りを結んでいたとは言えあくまでも敵同士。真人とメカ丸はメカ丸を治した後、殺し合うのです。



もう1人は学長説が有力!?

もう1人の内通者はまだ本誌でも明らかになっていませんが、夜蛾学長説が有力なようです。

学長が内通者である可能性が高い理由としてはいくつか挙げられます。

①2つの危険任務への1年派遣

呪術廻戦コミック2巻出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦2巻」

・コミック1巻6話〜:少年院の任務
・コミック5巻55話〜:八十八橋の任務

この2つは虎杖・伏黒・釘崎の東京校1年生で任務にあたっていましたが、どちらも特級呪霊を相手にするという1年生にしては危険過ぎる任務です。

偽夏油が裏で宿儺の指や受胎九相図を用意したりと関与していたことから、偽夏油と内通者が結託してこの任務に1年をわざと当てていたと考察できます。

そして、東京校の誰を派遣するかの決定は学長である可能性が高いので、内通者として怪しいと考えられます。



②五条のスケジュールを知っていた

呪術廻戦コミック2巻出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦2巻」

コミック2巻(13話)では夜蛾学長との約束に向かう五条のもとに特級呪霊の1人・漏瑚が突如襲いかかります。

漏瑚は他の術師の加勢を避けるため、五条が1人になる時を狙ったらしいですが、なぜ五条が1人になる時間を知っていたのでしょうか?

五条と約束していた学長が内通者であれば、このスケジュールを知っていたも不思議ではありませんよね。

③京都姉妹校編での別行動

呪術廻戦コミック6巻出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦6巻」

コミック6巻(45話)で京都姉妹校交流会の途中、天元様の結界が機能しなくなった際のこと、学長は1人天元様のところに別行動をします。

天元様の結界は宿儺の指や受胎九相図の特級呪物を守っています。この特級呪物の重要度は相当高いものなので学長が天元様のもとに向かうのは納得できますが、、、

結果、宿儺の指6本と受胎九相図1番〜3番が真人に盗まれてしまっています。

しかも、その特級呪物を守っていた術師は死亡しているにも関わらず学長は無傷。

これは学長が内通者である確証レベルとも言える1件です。



④九十九の帰省タイミングが怪しい

呪術廻戦コミック9巻出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦9巻」

コミック9巻(76話)、五条と夏油の過去編のラストに夏油の前に九十九由基が現れます。

九十九は海外で呪霊の研究をしている特級術師です。

彼女は対症療法ではなく原因療法がしたい、つまり呪霊を狩るんじゃなくて呪霊の生まれない世界を作ることを目指しています。

夏油はそのころ、非術師の価値について揺らいでいました。

この絶妙なタイミングでの九十九のアドバイス…これが後押しとなり夏油は闇落ちし、非術師のいない世界を目指すことになったとも見えます。

海外にいた九十九がなぜこのタイミングで日本に帰省していたのか、夏油に会いに来たのか。明かされてはいませんが、これが学長の指示だとしたら、この頃から学長は内通者として呪霊と繋がっていたと考えられます!

⑤渋谷事変編で動かなかった事も怪しい

呪術廻戦コミック13巻出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦13巻」

夜蛾は、渋谷事変編で大きく動かなかった点も、内通者の可能性を少し疑うことになる要因と考えられます。

漫画の中で、夜蛾が動かなかった理由は、反転術式を持つ入家硝子を守ることとされていますが、呪骸に任せることも可能でした。

また、呪骸を渋谷に放って、少しでも支援しても良いと思いますが、その描写もありません。

そのため、表向きには入家を守るということにしておき、裏では、味方の偽夏油のサポートに徹した可能性があるでしょう。



次に読みたい記事