ネタバレ

【呪術廻戦】131話のネタバレと考察|虎杖vs真人、最終ラウンドへ!

131話のネタバレ

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん/呪術回線)における、131話のネタバレと考察です。131話の内容だけでなく、考察や次回予想をしています。毎週ジャンプ本誌の発売日に更新しているので、呪術廻戦の最新話が知りたい方はぜひご覧ください。



呪術廻戦131話のネタバレ

呪術廻戦131話|虎杖vs真人、最終ラウンドへ!

呪術廻戦131話ネタバレ出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦131話」

前回130話では、真人が自身の魂の本質を掴んだと言い、遍殺即霊体を発動。人間のような見た目からさらに強力な肉体を持つ呪霊のような見た目に生まれ変わったところで終了していましたね。

131話はその続きからとなります。

真人「ハッピーバスデイってやつさ、虎杖」

黒閃を経て本当の魂を理解したと話す真人。ただ、仕上げはこれからだ、虎杖を殺して俺は初めてこの世に生まれ堕ちると言います。

ここから虎杖vs真人、第2ラウンドスタート!

真人は腕を伸ばし地面ごとえぐる範囲攻撃を仕掛けますが、虎杖はそれをかわし右足で蹴りを入れます。

真人も蹴りをかわし、虎杖の足を頭から生えたムチのような黒い呪力でぐるぐる巻きにし攻撃、さらに尻尾で攻撃します。

虎杖は足でそれを防ぎ、まさに一進一退の攻防を繰り広げますが、真人のパンチを右手でいなすと「ドッ」腹にパンチを食らわせます。

「ギチッ」しかし、真人の体は非常に固く虎杖の攻撃ではダメージが入りません。

ここでやっと虎杖は真人は変身前とは別次元の存在になったと気づきます。

真人は腕・尻尾・黒いムチの呪力で虎杖に連撃を浴びせ、虎杖の顔を掴むと思い切り地面に叩きつけました。

一方的にやられている虎杖は、冷静に倒す手段を考えていました。

虎杖(俺の最大呪力の黒閃をぶつけるしかない)

考えがまとまった瞬間、虎杖の足はガクつき、真人の鞭のような呪力がボロっと落ちました。

虎杖は、自身の足を手で叩き最後の気合を入れます。

真人「お互い元気いっぱいだな」

両者の限界が近づいている中、皮肉をいう真人。最後の戦いが始まります。

虎杖が最大呪力を右手に溜め始めると、真人は止めるために瞬間移動をして後ろから殴りを入れようと試みます。

しかし、極限状態でも虎杖はそれを避けて、二人が最後の拳をぶつけようとしたところで131話は終了です。



呪術廻戦131話の考察と次回予想

呪術廻戦131話|どっちが勝つ?

真人、虎杖らに負け夏油に吸われる!?

ついに虎杖と真人の因縁の戦いがクライマックスを迎えますね!

これからの展開として最も最有力候補となるのが

①虎杖&東堂によって真人が大ダメージを受ける
②真人は渋谷駅地下の偽夏油の元へ逃げる
③偽夏油は何らかの方法で真人を降伏させた状態にし取り込む、ついに真人を手駒に

という予想がアツいのではないかなと思われます。

このまま真人が素直に祓われる、虎杖&東堂が負けるといった展開は考えにくいので偽夏油が利用するのが漫画的にも読者を引きつける展開と言えるのではないでしょうか!?

▶︎渋谷事変中のキャラの場所と時系列



呪術廻戦の関連記事

前後のネタバレ

前の話 次の話
130話のネタバレ130話のネタバレ 呪術廻戦132話のネタバレ132話のネタバレ

その他関連記事

呪術廻戦のネタバレと感想一覧▶︎ネタバレ一覧 呪術廻戦のアニメはいつ放送?▶︎アニメ情報まとめ
声優情報まとめ▶︎声優を予想! 呪術廻戦主題歌(OP・ED)▶︎主題歌は誰?