ネタバレ

【呪術廻戦】128話のネタバレと考察|虎杖&東堂vs真人、ついに架橋へ!

【本誌最新話】
▶︎最新話146話のネタバレ(4/19更新)
【アニメの注目記事】
▶︎アニメ24話のネタバレ(3/26更新)
【HOTな考察記事】
▶︎死滅回遊とは?ルールを解説!

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん/呪術回線)における、128話のネタバレと考察です。128話の内容だけでなく、考察や次回予想をしています。毎週ジャンプ本誌の発売日に更新しているので、呪術廻戦の最新話が知りたい方はぜひご覧ください。



呪術廻戦128話のネタバレ

呪術廻戦128話|出遅れた京都校組

呪術廻戦128話出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦128話」

127話は釘崎がやられ精神が崩壊しそうな虎杖でしたが、助っ人東堂の参戦で持ち直し黒閃を決めるという展開でしたね。

今回はまず東京に向かっている東堂以外の京都校組の場面からスタートします。

東京行きの新幹線に乗っている京都校組。

その中でも座席に一人座り、ミニメカ丸と三輪ちゃんが話しています。

メカ丸は三輪に死んでほしくないため戻るんだと説得しますが、三輪ちゃんはなぜ自分たちは遅れて東堂と新田だけ早く向かわせたのかメカ丸に問いただします。

メカ丸は三輪だけでなく真依・加茂・西宮・歌姫も31日(渋谷襲撃日)は京都以南の任務に就くように細工し、みんなを守りたかったのだと話すのでした。

三輪「なんで相談してくれなかったの?私達は仲間じゃないの?私が弱いから?」
メカ丸「違ウ。弱いのは俺ダ。大好きな人がいたんダ。どんな世界になろうと俺が側で守ればいいと思っていタ。」

メカ丸は三輪ちゃんのことが好きだったのです。どんな手段を使ってでも三輪ちゃんを守りたかったが結局東京に向かわせてしまうことを自分の弱さだと話すのでした。

そしてメカ丸は幸せになってくれと言い残すと動かなくなってしまいました。

この会話を車両の間から聞いていた真依・加茂・西宮・歌姫。メカ丸がしたことは京都校組を守るためとは言え許されることではありませんが歌姫は不問よと呟きます。

そして西宮は「カワイイ後輩を泣かした奴はブチ殺す」と言い放ち東京に乗り込みます!



呪術廻戦128話|真人vs虎杖&東堂!

出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦128話」

京都高メンバーの話から真人vs虎杖&東堂の戦いに切り替わります。

真人の打撃を虎杖がさばいている間に、東堂が攻撃を与える立ち回りでダメージを与えています。

打撃を受けている真人は、残りのHP(魂)を東堂は10割、虎杖は1割、自身は4割ほどであると判断。

そこで、厄介な位置替えをしてくる東堂に、改造人間を伸ばして大打撃を与える策に出ます。しかし、これも東堂の術式を理解しきれなかったため不発に終わる。

攻撃が不発に終わった真人に対して、東堂は足蹴りの黒閃を放ちますが、真人の魂に響かずダメージを与えていない様子です。

ただ、黒閃を放ったことにより戦っている全員が120%の潜在能力を引き出した状態になりました。

呪術廻戦128話|真人vs虎杖&東堂クライマックス直前

呪術廻戦128話出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦128話」

真人は、口から大量の改造人間を吐き出し、手のひらに持って「多重魂 撥体」を放ちます。

全方位に向かれた無数の「多重魂 撥体」が、東堂と虎杖に襲いかかります!

真人「俺とオマエ!!最後の呪い合いだ!」

これにて128話は終了です。次回真人戦はクライマックスか?



呪術廻戦128話の考察と次回予想

呪術廻戦128話|どっちが勝つ?

真人、虎杖らに負け夏油に吸われる!?

ついに虎杖と真人の因縁の戦いがクライマックスを迎えますね!

これからの展開として最も最有力候補となるのが

①虎杖&東堂によって真人が大ダメージを受ける
②真人は渋谷駅地下の偽夏油の元へ逃げる
③偽夏油は何らかの方法で真人を降伏させた状態にし取り込む、ついに真人を手駒に

という予想がアツいのではないかなと思われます。

このまま真人が素直に祓われる、虎杖&東堂が負けるといった展開は考えにくいので偽夏油が利用するのが漫画的にも読者を引きつける展開と言えるのではないでしょうか!?



呪術廻戦の関連記事

前後のネタバレ

前の話 次の話
呪術廻戦の127話のネタバレ127話のネタバレ 129話のネタバレ129話のネタバレ

その他関連記事

呪術廻戦のネタバレと感想一覧▶︎ネタバレ一覧 呪術廻戦のアニメはいつ放送?▶︎アニメ情報まとめ
声優情報まとめ▶︎声優を予想! 呪術廻戦主題歌(OP・ED)▶︎主題歌は誰?