ネタバレ

【呪術廻戦】127話のネタバレと考察|東堂の”あのこと”は何?

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん/呪術回線)における、127話のネタバレと考察です。127話の内容だけでなく、考察や次回予想をしています。毎週ジャンプ本誌の発売日に更新しているので、呪術廻戦の最新話が知りたい方はぜひご覧ください。



呪術廻戦127話のネタバレ

呪術廻戦127話|罪悪感に苦しむ虎杖

呪術廻戦127話出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦127話」

126話は釘崎がやられ精神的に限界に達している虎杖をボコボコにする真人、そして虎杖のピンチに東堂が駆けつけたところで終わっていましたね。

127話はその続きからとなります。

東堂の入替え術式で救われた虎杖ですが、精神的にもう限界な様子を見せています。

救えなかった釘崎、死んでしまったナナミン、そして宿儺の大量殺人によって自分はただの人殺しだと罪悪感に苛まれます。

“オマエがいるから人が死ぬんだよ”

虎杖「俺はもう俺を許せない」

絶望する虎杖に追い打ちをかけようと真人は攻撃をしかけますが、東堂の術式で新田と真人を入替え、さらに蹴りを一発いれ真人をふっ飛ばします。

真人は東堂の術式のカラクリは分かっていてもここまで混乱するのかと面白がっている様子。

東堂は絶望に暮れている虎杖を鼓舞します。

東堂「ブラザー…オマエ程の漢が小さくまとまるなよ」

俺達は呪術師なんだ、死んでいった仲間も含めて全員で。俺達が生きている限り死んでいった仲間達が真に敗北することはない。罪と罰の話ではないんだ。散りばめられた死に意味や理由を見出すことは時に死者への冒涜となる!

東堂「それでも!!オマエは何を託された?」

今すぐ答えを出す必要はないが決して足を止めるな、それが呪術師として生きる者達へのせめてもの罰だ。と締めました。

そして”あのこと”を今のブラザーに言う必要はないな。と心の中で呟き、東堂は真人に向かっていきます。



呪術廻戦127話|新田新の術式判明

新田新が虎杖の背中に触れて、術式を施します。

新田新の術式の効果は、「今まで受けた傷を悪化させず痛みもやわらげる」こと。

釘崎にも同様の術式を施しており、助かる可能性も0ではないと聞き、少しだけ安堵する虎杖が描かれています。

呪術廻戦127話|虎杖、怒りの黒閃!

呪術廻戦127話出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦127話」

場面は切り替わり、真人と東堂の戦いが描かれます。

真人は体を大きく伸ばし東堂に触れようとしますが、東堂の術式で位置が入れ替わります。

このことに対して、俺には触れられないのか?と煽る東堂。

真人はこの発言を聞いた直後、背後に設置していた術式のトラップを発動し、ダメージを負わそうとしますが、その攻撃も東堂はのけ反りながらかわします。

東堂が位置替えをしてくると予想し、殴る位置を調整し黒閃を決めて魂の本質を掴もうと考える真人。

東堂は、手を叩き入れ替え術式を発動。しかし、入れ替わったのは虎杖と東堂でした。

入れ替わった虎杖は片手に力を込めて、ナナミンの最後の言葉を思い出します。

ナナミンに対する思いを込めた一撃は、黒閃となり真人にクリーンヒット。

後ろに飛ばされた真人は、まだ戦う余裕は全然持っている様子です。次回、京都高編以来となる東堂と虎杖のコンビが真人とぶつかります。



呪術廻戦127話の考察と次回予想

呪術廻戦127話|東堂の”あのこと”とは?

説①:すでに五条は夏油の手中に?

127話で東堂が心の中でつぶやいた”あのこと”の一つの説として「冥冥はすでに夏油にやられ、五条は獄門疆ごと連れ去られてしまった」ことが考えられます。

渋谷駅副都心線の線路上を冥冥が夏油を追っていましたが、長い間本誌で描かれていません。

冥冥は夏油が出した呪霊(疱瘡神)を撃破後、夏油に追いつきますが殺されてしまい、獄門疆内の五条の抵抗も限界となり夏油に連れ去られてしまったという考察ができます。

五条救出を掲げている呪術師側なので、失敗という事実を今の虎杖に知らせても士気を落とすだけだという東堂の判断なのではないでしょうか?



呪術廻戦の関連記事

前後のネタバレ

前の話 次の話
呪術廻戦の126話ネタバレ126話のネタバレ 128話のネタバレ128話のネタバレ

その他関連記事

呪術廻戦のネタバレと感想一覧▶︎ネタバレ一覧 呪術廻戦のアニメはいつ放送?▶︎アニメ情報まとめ
声優情報まとめ▶︎声優を予想! 呪術廻戦主題歌(OP・ED)▶︎主題歌は誰?