ネタバレ

【呪術廻戦】124話のネタバレと考察|釘崎の過去編へ突入?

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん/呪術回線)における、124話のネタバレと考察です。124話の内容だけでなく、考察や次回予想をしています。毎週ジャンプ本誌の発売日に更新しているので、呪術廻戦の最新話が知りたい方はぜひご覧ください。



呪術廻戦124話のネタバレ

真人に大ダメージを与える虎杖

虎杖、本気のボディーブロー炸裂!

呪術廻戦124話出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦124話」

123話では真人の本体に苦戦する虎杖、そして釘崎の共鳴りでついに真人に大ダメージを与えたところで終わっていましたね。

124話はその続き、虎杖vs真人本体の戦いのシーンから始まります。

釘崎が真人分身に放った共鳴りで、虎杖と戦っていた真人本体の胸に「ザクザク」と釘で貫かれたように鋭いトゲが出現し大ダメージを負います。

それを見た虎杖は「釘崎…?」と分身と戦っていることを知らないながらも真人のダメージから釘崎がやってくれたのだと理解します。

そしてここから虎杖の連撃がスタート。

柱を背にした真人に虎杖は連続でパンチを浴びせます。真人はまだ釘崎によるダメージの余韻が残り思うように動けません。

そして虎杖は釘崎に対し「ありがとう!!」という言葉と共に、2つの拳を同時に真人の腹にボディーブローを食らわせます。

虎杖は釘崎の共鳴りによって「戦っているのは自分一人じゃない」と感じ、釘先に感謝しているのでした。



釘崎から逃げ出す分身真人

呪術廻戦124話出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦124話」

一方その頃、釘崎vs分身真人。

「こっからが本番ね。」と構える釘崎を前にして、真人はピクッっと本体からの要請を感じとりその場から逃げ出します。

それを追う釘崎、分身真人は虎杖と戦っている本体がいる地下へ。

本体と戦っていた虎杖ですが、連撃の後最後の一撃を加えようとした瞬間、真人はポポポンと弾けて6体ほどの小人のような形に分裂しました!

分裂した真人のどれかには魂の核が潜んでるはずですが、真人は偽物に呪力を多く含ませ虎杖を撹乱、真人の思惑通り虎杖は偽物を潰してしまい真人に逃げられてしまいます。

そして、地上から戻ってきた分身と再開、その後ろから釘崎の姿も見えました。

真人は本体と分身で合体し1つに戻りダメージを修復するかに思われましたが、、スルー。

真人本体が釘崎の元へ向かいます。

虎杖は釘崎に逃げろと大声で呼びかけます。

しかし、釘崎は偽物の真人と戦っていた影響で、真人の術式の警戒を解いており、顔面に触れられてしまう。

虎杖は、偽物を殴って速攻で倒し、すかさず釘崎にかけよります。

釘崎は、ぼーっとした様子で過去を思い出して、回想に突入。

2009年。釘崎が6歳の頃に大人と友達(沙織ちゃん?)でゲームをやっている所が映し出され、124話は終了します。



124話の考察と次回予想

釘崎の核心に迫る過去がわかる?

次回釘崎の核心に迫る過去について、書かれる可能性が高いです。

田舎から東京に出る事を決めた理由である、沙織ちゃんの件(第5話)。

どうして村に対して嫌悪していたか等が次回明らかになるのではないでしょうか。

呪術廻戦の関連記事

前後のネタバレ

前の話 次の話
呪術廻戦の123話のネタバレ123話のネタバレ 呪術廻戦の125話のネタバレ125話のネタバレ

その他関連記事

呪術廻戦のネタバレと感想一覧▶︎ネタバレ一覧 呪術廻戦のアニメはいつ放送?▶︎アニメ情報まとめ
声優情報まとめ▶︎声優を予想! 呪術廻戦主題歌(OP・ED)▶︎主題歌は誰?